野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

大一番で快投のホークス武田、緊張で「立ち上がりは投げ方が分からなかった」

圧巻の投球だった。22日の楽天とのクライマックスシリーズ・ファイナルステージ第5戦。王手をかけていたリーグ王者・ソフトバンクに、日本シリーズ進出を決める白星をもたらしたのは、武田翔太投手だった。

ソフトバンク・武田翔太【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・武田翔太【写真:藤浦一都】

チームを日本シリーズへと導く快投

 圧巻の投球だった。22日の楽天とのクライマックスシリーズ・ファイナルステージ第5戦。王手をかけていたリーグ王者・ソフトバンクに、日本シリーズ進出を決める白星をもたらしたのは、武田翔太投手だった。

 アドバンテージを含めて3勝2敗として迎えた5戦目。武田は楽天打線をほぼ完璧に抑え込んだ。「緊張もあって、立ち上がりは投げ方が分からなかった」という初回は、若干、冷や汗をかいた。先頭の茂木に中前安打を許すと、藤田の犠打で二塁へ。2死からウィーラーに四球を出し、2死一、二塁。真っ直ぐが高めに浮き、制球にも苦しんだ。島内が遊ゴロに終わり、なんとか無失点で終えた。

 直後の攻撃で打線がいきなり3得点を奪い、援護をもらった。「野手の皆さんが効率よく点をとってくれたので、リズムよく投げることが出来た。2回以降は修正できました。プレッシャーはありましたけど、いけるところまでいこうと思った」。2回以降は順調にアウトカウントを重ねていった。2回先頭の岡島から4者連続三振。嶋を見逃し三振に奪ったストレートは149キロを計時した。

 6回は先頭・茂木、藤田に連打を許したが、銀次を遊ゴロ併殺打に切り、ウィーラーを空振り三振に。7回も先頭の島内に中前安打を浴びたものの、続く岡島を投直併殺打に取った。ツキも流れも味方した。7回5安打無失点。わずか90球という球数の少なさに、この日の武田の安定感が見て取れた。

 このファイナルステージ、ソフトバンクは1戦目の東浜(6回途中3失点)、2戦目の千賀(7回途中2失点)で連敗。連勝した3戦目の和田(5回5失点)、4戦目のバンデンハーク(5回途中3失点)と、先発陣が本来の姿を見せられていなかった。楽天も初戦の塩見、2戦目の辛島は好投したが、3戦目の則本、4戦目の岸、そしてこの日の美馬と、3本柱は崩れた。両チームの先発投手で唯一、無失点投球だったのが、この武田。最後の1勝をもたらした1人だったことは間違いない。シーズン中は不安定な投球が続き、不本意だったこの1年。だからこそ、ソフトバンクファンにとっても、予想以上の快投だったろう。

(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

人気記事ランキング