野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

パ・リーグのドラフト会議10年の変遷、あの選手は何年組?【埼玉西武編】

いよいよ10月26日に迫った運命のドラフト会議。当日を待ちきれないファンの方も多いのではないだろうか。今回は、パ・リーグ過去10年のドラフトを振り返る一環として、埼玉西武のドラフトを見ていきたい。

西武・菊池雄星【写真:編集部】
西武・菊池雄星【写真:編集部】

菊池は2009年、十亀は2011年に1位指名

 いよいよ10月26日に迫った運命のドラフト会議。当日を待ちきれないファンの方も多いのではないだろうか。今回は、パ・リーグ過去10年のドラフトを振り返る一環として、埼玉西武のドラフトを見ていきたい。現在、主力として活躍している選手は、何年に埼玉西武の一員になったのだろうか。

【2007年】 
大学・社会人 
1位:平野将光(投手・JR東日本東北) 
2位:藤原良平(投手・第一工大) 
高校生 
4位:武隈祥太(投手・旭川工高) 
5位:梅田尚通(内野手・鯖江高) 
6位:中田祥多(捕手・鳴門工高) 
7位:斉藤彰吾(外野手・春日部共栄高) 

 プロ10年目を迎えた武隈投手は、今季も58試合に登板。 

【2008年】 
1位:中崎雄太(投手・日南学園高) 
2位:野上亮磨(投手・日産自動車) 
3位:浅村栄斗(内野手・大阪桐蔭高) 
4位:坂田遼(外野手・函館大) 
5位:岳野竜也(捕手・福岡大) 
6位:宮田和希(投手・甲賀健康医療専門学校) 

 野上投手は今季、4年ぶりの2桁勝利を達成。浅村選手は待望の背番号3を背負うと同時に新キャプテンにも就任し、頼れるチームリーダーとして大きく成長した。 

【2009年】 
1位:菊池雄星(投手・花巻東高) 
2位:美沢将(内野手・第一工大) 
3位:岩尾利弘(投手・別府大) 
4位:石川貢(外野手・東邦高) 
5位:松下健太(投手・早大) 
6位:岡本洋介(投手・ヤマハ) 

 菊池投手は今季、チームの絶対的エースに成長。自身初タイトルとなる最多勝と最優秀防御率を獲得した。 

【2010年】 
1位:大石達也(投手・早大) 
2位:牧田和久(投手・日本通運) 
3位:秋山翔吾(外野手・八戸大) 
4位:前川恭兵(投手・阪南大高) 
5位:林崎遼(内野手・東洋大) 
6位:熊代聖人(外野手・王子製紙) 

 大石投手は今季後半から故障で離脱したものの、20試合に登板して防御率0.93。牧田投手は自身最多の58試合に登板し、防御率2.30と変わらぬ安定感を見せた。秋山選手は打率.322、185安打で首位打者・最多安打の2冠を獲得。自己最多の25本塁打も記録している。

人気記事ランキング