野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

CSで電撃復帰のホークス柳田、日本Sはフル出場? 「そのつもりでいます」

22日のクライマックスシリーズ・ファイナルステージ第5戦で電撃復帰を果たしたソフトバンクの柳田悠岐。24日の全体練習でも少し抑え気味のスイングながら、豪快な打球を飛ばしていた。

ソフトバンク・柳田悠岐【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・柳田悠岐【写真:藤浦一都】

スイングの状態は「8、9割くらい」

 22日のクライマックスシリーズ・ファイナルステージ第5戦で電撃復帰を果たしたソフトバンクの柳田悠岐。24日の全体練習でも少し抑え気味のスイングながら、豪快な打球を飛ばしていた。

 日本シリーズ進出を決めた試合では1番・センターでスタメン出場し、ファンを驚かせた柳田。痛めていた右脇腹は決して万全ではないが、2安打1打点に加え、先制点を呼ぶ好走塁でチームに貢献した。約1か月ぶりの実戦を振り返り、「面白かったです。でも、よく(打席が)回ってくるんで疲れました」と笑った。 

 この日のスイングの状態を「8、9割くらい」という柳田だが「あとちょっとかなというところまで来ています」と表情も明るい。工藤公康監督が「試合をこなして、試合で振れたというのがあるから『もう少しいけるかな』という感じで振っていたんじゃないかな」と話せば、藤本博史打撃コーチは8割程度のスイングに「あれくらいの方がええやろ。ちょっとこわごわ打ってる方がいい」と満足気だ。 

 28日の日本シリーズ開幕まで3日あるが、柳田は「(今の状態よりも)良くなると思うし、良くなるようにやっていきたい」と前向き。22日の試合では7回の守備からベンチに退いたが、日本シリーズでのフル出場に「そのつもりでいます」と強い意欲を示し、まだ決まらない相手にも「どっちであろうと、まずは自分の状態を上げること」と語る。 

 復帰戦では途中交代を前提に1番に入ったが、状態が上がれば日本シリーズでも1番・柳田は相手チームにとって大きな脅威となるはず。デスパイネ、内川聖一の状態次第では、柳田の1番起用は“あり”なのかもしれない。

(藤浦一都 / Kazuto Fujiura)

人気記事ランキング