野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • カーショー同点被弾も奪三振ショー! 4回まで毎回の8奪三振にファン熱狂

カーショー同点被弾も奪三振ショー! 4回まで毎回の8奪三振にファン熱狂

ドジャースは24日(日本時間25日)、本拠地で行われているアストロズとのワールドシリーズ第1戦で、4回にブレグマンのソロ弾で同点に追いつかれた。

力投を続けるドジャース・カーショ―【写真:Getty Images】
力投を続けるドジャース・カーショ―【写真:Getty Images】

4回先頭ブレグマンに弾丸ライナー弾を左翼席に運ばれる

 ドジャースは24日(日本時間25日)、本拠地で行われているアストロズとのワールドシリーズ第1戦で、4回にブレグマンのソロ弾で同点に追いつかれた。

日の丸を背負う逸材を育てるために―遅咲きの強打者・和田一浩氏が語る育成論(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 この日はドジャース先発カーショーが立ち上がりから快投を披露した。初回先頭スプリンガーを空振り三振にしとめると、ブレ熊を左飛、アルトゥーベを遊ゴロとし、わずか9球で3者凡退とした。

 その裏に先頭テイラーが史上4人目となる先頭打者弾で1点を先制。すると、カーショーは2回もコレアを中飛、グリエルを見逃し三振、マキャンを二ゴロと再び3者凡退に仕留めた。

 3回には先頭ゴンザレスを見逃し三振。続くレディックにこの日初安打を許したが、後続二人を三振に仕留めた。

 3回を終えて1安打5奪三振無失点の快投だったが、4回、先頭で打席に立ったブレグマンがカウント1-1から3球目速球を強振。打球は弾丸ライナーで左翼席に飛び込む同点弾となった。だが、後続3人を連続三振に仕留め、4回を終えて8奪三振を記録する三振ショーを演じている。

人気記事ランキング