野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

「高校ビッグ3」はいずれも1位指名、侍ジャパンU-18代表のドラフト結果は?

26日に行われたプロ野球ドラフト会議。今年は清宮幸太郎内野手(早実)、安田尚憲内野手(履正社)、中村奨成捕手(広陵)らの存在もあり、例年以上に高校生が注目された年となった。実際、清宮には高校生として史上最多タイとなる7球団が1位指名し、抽選の結果、日本ハムが交渉権を獲得。安田は外れ1位で3球団が競合してロッテ、中村は2球団が競合して広島が交渉権を得た。

侍ジャパンU-18でも活躍した清宮幸太郎、日本ハムが交渉権を獲得した【写真:Getty Images】
侍ジャパンU-18でも活躍した清宮幸太郎、日本ハムが交渉権を獲得した【写真:Getty Images】

高校日本代表は指名漏れなし プロ志望届提出選手は全員指名、その結果は?

 26日に行われたプロ野球ドラフト会議。今年は清宮幸太郎内野手(早実)、安田尚憲内野手(履正社)、中村奨成捕手(広陵)らの存在もあり、例年以上に高校生が注目された年となった。実際、清宮には高校生として史上最多タイとなる7球団が1位指名し、抽選の結果、日本ハムが交渉権を獲得。安田は外れ1位で3球団が競合してロッテ、中村は2球団が競合して広島が交渉権を得た。

アジアで勝つために―育成のスペシャリストが侍ジャパンU-18代表の戦いに見た、課題と収穫(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 今年の「高校ビッグ3」と評された上記3選手はいずれも侍ジャパンU-18代表の一員として。「第28回 WBSC U-18ベースボールワールドカップ」(カナダ・サンダーベイ)に出場。惜しくも優勝は逃したが、3位決定戦でホスト国のカナダに勝利し、意地を見せた。

 将来を嘱望される選手たちは今回のドラフトでどのような結果となったのか。ここで簡単に振り返ってみたい。

 今年の侍ジャパンU-18代表メンバー20選手のうち、2年生コンビとして活躍した藤原恭大(大阪桐蔭)、小園海斗(報徳学園)を除く18選手が3年生だった。そのうちプロ志望届を提出したのが清宮、安田、中村を含め9選手。その全員が指名を受けた。

 高校通算111本塁打を誇る清宮は前述の通り、ロッテ、ヤクルト、日本ハム、巨人、楽天、阪神、ソフトバンクの7球団が1位指名。日本ハムがクジを引き当てた。また中村は広島、中日の2球団が1位指名し、広島が交渉権を獲得。高校通算65発の安田は、外れ1位でロッテ、阪神、ソフトバンクが競合し、ロッテが交渉権を手にした。

 今夏の甲子園で優勝した花咲徳栄の清水達也投手は中日が4位で指名。中日は伊藤康祐外野手(中京大学附属中京)も5位で指名している。一方、ソフトバンクも侍ジャパンU-18代表から2選手を指名。3位で増田珠外野手(横浜)、5位で田浦文丸投手(秀岳館)を指名した。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」