野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

「セにはボールが強い投手を」― 鷹・千賀快投で想起する佐藤コーチの言葉

なぜ、日本シリーズの第1戦は、東浜ではなく、千賀に託されたのか。そこには、明確な狙いが隠されていた。

ソフトバンク・千賀滉大【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・千賀滉大【写真:藤浦一都】

日本シリーズ第1戦で力投を見せたホークス千賀

 圧勝だった。28日、ヤフオクドームで行われた日本シリーズ第1戦。2年ぶりの日本一を目指すソフトバンクが10-1の大差で、DeNAを下した。9点差のついたこの試合。ソフトバンク勝利の立役者の1人は、大事な初戦を託された先発の千賀滉大投手だった。

【PR】「DAZN」ならソフトバンク戦が見放題! ”初月無料キャンペーン実施中”、登録はこちらから

「打線がたくさん取ってくれて、それが1番でした。よくなかったわりには、試合を壊さずに投げられました。点差があったので7回まで投げられてよかったです」と振り返った右腕。初回に柴田、筒香に四球を与えたが、宮崎を三ゴロに抑えて無失点で発進。2、3、5、6回と走者を出したがものの、失点は3点差で迎えた5回に味方の失策から招いた無死一、三塁での、桑原の遊ゴロの間に与えた1点のみ。7回まで許した安打は散発の4安打。三振は3つだったが、自責点はゼロに封じておりキッチリとゲームを作った。

 楽天とのクライマックスシリーズ・ファイナルステージの初戦のマウンドを託されたのは、今季16勝を挙げていた東浜巨だった。そして、交流戦開幕も、交流戦明けの初戦も、そして後半戦開幕も、今季の節目の試合で先発していたのは、ほとんどが背番号16だった。

 ではなぜ、日本シリーズの第1戦は、東浜ではなく、千賀に託されたのか。そこには、明確な狙いが隠されていた。試合後、工藤公康監督はこう明かした。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」