野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • ドジャース、フォーサイスの適時打で同点、両軍一歩も譲らず勝負は拮抗

ドジャース、フォーサイスの適時打で同点、両軍一歩も譲らず勝負は拮抗

28日(日本時間29日)、アストロズ本拠地で行われているワールドシリーズ(WS)第4戦で、ドジャースが7回に同点に追いついた。

同点のホームを踏んだドジャース・ベリンジャー【写真:Getty Images】
同点のホームを踏んだドジャース・ベリンジャー【写真:Getty Images】

アストロズに先制を許した直後に追いつく

 28日(日本時間29日)、アストロズ本拠地で行われているワールドシリーズ(WS)第4戦で、ドジャースが7回に同点に追いついた。

日の丸を背負う逸材を育てるために―遅咲きの強打者・和田一浩氏が語る育成論(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 アストロズが6回2死からスプリンガーの左翼ソロ弾で先制した直後の7回表、ドジャース打線が突破口を見出した。1死から新人ベリンジャーが、アストロズ先発モートンから左中間二塁打を放って出塁。2死二塁で打席に立ったフォーサイスが、アストロズ2番手ハリスから中前タイムリーを放ち、同点に追いついた。

 両軍一歩も譲らぬ試合展開に、満員に埋め尽くされた球場は異様な熱気で盛り上がっている。

人気記事ランキング