野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

左キラーの存在が鍵? 「ソフトバンク対DeNA」日本シリーズ第2戦展望

ここでは、福岡ソフトバンクと横浜DeNAの過去の対戦成績を振り返り、福岡ソフトバンクの注目選手を挙げたい。

ソフトバンク・今宮健太【写真:荒川祐史】
ソフトバンク・今宮健太【写真:荒川祐史】

ソフトバンクの1勝0敗で迎える第2戦

 福岡ソフトバンクと、セ・リーグのクライマックスシリーズ覇者・横浜DeNAによる頂上決戦「SMBC日本シリーズ2017」が28日に幕を開けた。今回の日本シリーズでは、予告先発制が採用されず、その視点からも新たな楽しみ方ができそうだ。

【PR】「DAZN」はCS全試合をライブ中継&ソフトバンク戦見放題! ”初月無料キャンペーン実施中”、登録はこちらから

 28日にヤフオクドームで行われた初戦は、2桁得点を挙げた福岡ソフトバンクが横浜DeNAに快勝。まずは本拠地で最高のスタートを切った。しかし、試合終盤においては横浜DeNAの中継ぎ陣が意地を見せ、両チーム無得点に終わっている。ここでは、福岡ソフトバンクと横浜DeNAの過去の対戦成績を振り返り、福岡ソフトバンクの注目選手を挙げたい。

【福岡ソフトバンクの横浜DeNA戦 過去の対戦成績(交流戦)】
2005年 5勝1敗 打率.303 防御率2.38
2006年 5勝1敗 打率.291 防御率2.67
2007年 0勝4敗 打率.246 防御率4.46
2008年 4勝0敗 打率.270 防御率.2.12
2009年 4勝0敗 打率.273 防御率2.50
2010年 2勝2敗 打率.268 防御率5.40
2011年 3勝1敗 打率.336 防御率3.34
2012年 1勝2敗1分 打率.244 防御率2.06
2013年 3勝1敗 打率.250 防御率2.00
2014年 2勝2敗 打率.289 防御率3.18
2015年 2勝1敗 打率.270 防御率1.93
2016年 3勝0敗 打率.330 防御率2.00
2017年 2勝1敗 打率.247 防御率3.12

 2005年から始まった交流戦、福岡ソフトバンクの横浜DeNAとの通算対戦成績は36勝16敗1分で、福岡ソフトバンクが貯金20を蓄えている。直近の5年で12勝5敗とこちらも大きく勝ち越し。この数字だけで判断すれば、日本シリーズは福岡ソフトバンクがやや優勢であると言えるだろう。

【対横浜DeNA 打者のキーマン】
〇今宮 
対左成績:110打数39安打7本塁打 打率.355
〇川島 
対左成績:74打数22安打5本塁打 打率.297

 横浜DeNA戦における福岡ソフトバンクの打者のキーマンとして、左投手に対して好成績を残している今宮選手と川島選手を挙げた。横浜DeNAは先発では今永投手、濱口投手、石田投手、中継ぎではエスコバー投手、砂田投手などを擁し、「左腕王国」を築いている。

 特に川島は、今季の5本塁打は全て左投手から放ったものだ。2選手とも俊足で小技に長け、パンチ力をも備える。その働きが、柳田、デスパイネ、内川、松田など、強打者を擁する福岡ソフトバンク打線を、ますます隙のない布陣にするだろう。

 福岡ソフトバンクは初戦で横浜DeNAを圧倒して快勝を飾ったものの、今年のパ・リーグのクライマックスシリーズは、いずれも初戦に敗れたチームがこれまでのデータを覆して勝ち上がっている。昨年の日本シリーズでも、最終的に栄冠に輝く北海道日本ハムは、黒星スタートを切った。油断することなく、2年ぶりの日本一へ駆け上がりたい。

(「パ・リーグ インサイト」編集部)

(記事提供:パ・リーグ インサイト

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」