野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • 投手受難のWS、両軍計22本塁打は新記録に 豪腕はボールが「滑る」と主張

投手受難のWS、両軍計22本塁打は新記録に 豪腕はボールが「滑る」と主張

アストロズは29日(日本時間30日)、本拠地で行われたドジャースとのワールドシリーズ(WS)第5戦に延長10回、5時間17分の死闘の末に13-12でサヨナラ勝ちした。

アストロズのバーランダー【写真:Getty Images】
アストロズのバーランダー【写真:Getty Images】

バーランダーが公式会見で主張「1人の投手が言っていることではない」

 アストロズは29日(日本時間30日)、本拠地で行われたドジャースとのワールドシリーズ(WS)第5戦に延長10回、5時間17分の死闘の末に13-12でサヨナラ勝ちした。両軍7本の本塁打が飛び出す乱打戦で今シリーズでの両軍本塁打数は計22本となり、ついにワールドシリーズ史上最多記録を更新。今季はレギュラーシーズンでもリーグ全体でホームラン数が増加し、「飛ぶボール」は疑惑の対象となっていたが、31日(同1日)の第6戦で2度目の先発マウンドに上がるアストロズのジャスティン・バーランダー投手は、ワールドシリーズのボールは滑りやすい仕様に変更されたのではないかと主張している。

【PR】スポーツを観るなら「DAZN」! 野球コンテンツも充実、”初月無料視聴可能” 登録はこちらから

 アストロズの本拠地ミニッツメード・パークで行われた記者会見。アストロズの豪腕が「不平」をぶちまけた。

「最も不平なことは公式球がポストシーズンでも少し変わったことなんだと思う。ポストシーズンのボールとワールドシリーズのボールも違う。少し滑るんだ。それに対応しなければいけない。でも、これは1人の投手が『おい、どこか変わったぞ』と、言っていることではないんだ。誰もが話していることなんだ。少し妙だな、と。ボールを作っている人間からすれば、何も変わっていないという。その一方で、自分の全人生をかけてそのボールを握っている人間がいる。その人間がボールが変わったと言っているんだ」

 22本のホームランが乱れ打ちになっているワールドシリーズだが、ポストシーズン中に仕様が変更になったと主張。ボールが滑りやすくなったことで打者が有利となり、投手が一層不利な状況に立たされているという状況があるようだ。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」