野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

日本シリーズのカギは「1番中堅」ホークス柳田、DeNA桑原の働きを比較

ソフトバンクが日本一に王手をかけた。敵地・横浜スタジアムに舞台を移した日本シリーズ第3戦。初戦、2戦目に連勝し、勝てば日本一に王手となるソフトバンクが、白熱の接戦の末に3-2の1点差で逃げ切り勝ち。これで3連勝となり、1日の第4戦で日本一が決まる可能性が出てきた。

ソフトバンク・柳田(左)、DeNA・桑原(右)【写真:藤浦一都、荒川祐史】
ソフトバンク・柳田(左)、DeNA・桑原(右)【写真:藤浦一都、荒川祐史】

ホークスは斬り込み隊長・柳田が打率.417と大暴れ

 ソフトバンクが日本一に王手をかけた。敵地・横浜スタジアムに舞台を移した日本シリーズ第3戦。初戦、2戦目に連勝し、勝てば日本一に王手となるソフトバンクが、白熱の接戦の末に3-2の1点差で逃げ切り勝ち。これで3連勝となり、1日の第4戦で日本一が決まる可能性が出てきた。

 この日の試合も、2戦目までと同じような幕開けとなった。初回、ソフトバンクは先頭の柳田が右前安打で出塁。この日は今宮の3球目に盗塁を決めて二塁へ進み、犠打で三進。2試合連続で初回に先制適時打を放っていたデスパイネは空振り三振に倒れたが、内川が右越えの適時二塁打を放った。3試合連続で初回に先制点。この形に持ち込めば、ソフトバンクは強い。

 4回には1死一、三塁のチャンスを作った。高谷の3球目にセーフティースクイズを仕掛けたが、これはファールとなり失敗。すると、4球目に一塁走者の明石が盗塁を決めて二、三塁とすると、高谷が5球目を中前へ弾き返して2点を追加。リードを3点に広げると、7投手の継投で逃げ切った。

 一方のDeNAは、ちぐはぐな攻撃を展開してしまった。初回、ソフトバンク先発の武田の制球が定まらず、先頭の桑原が四球で出塁。だが、桑原は梶谷の2球目に盗塁を仕掛けて失敗。続いて四球を選んだ梶谷も、2死から筒香の初球にスタートを切って盗塁死。初回、いきなり2度の盗塁失敗で、武田の立ち上がりを助けた。

 4回、ロペスのソロ本塁打で1点を返した後に1死満塁としたが、柴田がどん詰まりの二飛、投手のウィーランドが空振り三振。6回にもソフトバンク中継ぎ陣を攻めて1死満塁としたが、代打・乙坂が空振り三振。倉本は二塁へのボテボテのゴロを、執念のヘッドスライディングで適時内野安打として1点差に迫ったが、桑原が右直に倒れて同点のチャンスを逃した。

 1点を争う白熱の攻防。見応えある戦いとなったが、結果的にはソフトバンクが強さを感じさせる一戦だったとも言える。特に、この試合に限らずだが、同じ「1番・中堅」の出来が、両者の勢いを二分している。

人気記事ランキング