野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

鷹打線、DeNA濱口の前に沈黙&4連勝Vならず 日本一は第5戦に持ち越し

ソフトバンクがルーキーの前に沈黙した。1日、敵地・横浜スタジアムでの日本シリーズ第4戦。DeNA先発の濱口に、8回途中までノーヒットに封じられる圧巻のピッチングを展開され、1点も奪えず。一気の4連勝で日本一に輝くことは出来ず、2日の第5戦で仕切り直すことになった。 

初黒星で3勝1敗に

 ソフトバンクがルーキーの前に沈黙した。1日、敵地・横浜スタジアムでの日本シリーズ第4戦。DeNA先発の濱口に、8回途中までノーヒットに封じられる圧巻のピッチングを展開され、1点も奪えず。一気の4連勝で日本一に輝くことは出来ず、2日の第5戦で仕切り直すことになった。 

 濱口に手玉に取られた。左腕の真っ直ぐ、チェンジアップ、フォークを軸とするピッチングに築いた凡打の山。初回、これまで3試合連続で第1打席に安打を放ち、先制点のホームを踏んでいた柳田は二ゴロ凡退。今宮も遊ゴロに倒れた。デスパイネは四球を選んだものの、4番の内川は三飛に終わり、得点には繋がらなかった。 

 2回以降も本塁が遠い。7回までに出した走者は2つの四球と1つの死球、そして振り逃げのみ。8回1死まで無安打投球を続けられ、代打・鶴岡の右中間を破る二塁打で大記録を止めるのがやっと。柳田が内野安打で続いたが、最後は2番手・パットンの前に今宮が空振り三振に倒れた。 

 先発の和田も序盤から好投を見せていたが、5回に宮崎に先制のソロ本塁打を浴びた。さらに梶谷、高城の連打と犠打で1死二、三塁とし、倉本が右犠飛で2点目を与えた。7回には3番手・五十嵐が高城にソロを被弾し、8回は4番手・攝津正が3点を失い、試合は決した。 

 本拠地での初戦、2戦目、そして敵地での3戦目と怒涛の3連勝で一気に王手をかけていたソフトバンクだが、4試合目で初黒星を喫した。ただ、王手をかけている優位な状況は変わらない。第5戦で日本一へ再チャレンジする。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング