野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

左腕アレルギーの鷹打線、苦戦する投手の共通点は?

王手をかけていたソフトバンクにとっては、またしても左投手にやられる形となった。クライマックスシリーズ・ファイナルステージでは、楽天の塩見貴洋、辛島航という左腕2人に封じ込まれて、初戦、2戦目とまさかの連敗スタート。日本シリーズ第2戦でもDeNA先発の今永昇太からは1点しか奪えず、苦戦を強いられていた。

ソフトバンク・今宮健太【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・今宮健太【写真:藤浦一都】

王手のホークス“左腕アレルギー”払拭できるか

 パ・リーグ王者のソフトバンクと、セ・リーグ3位からクライマックスシリーズを勝ち上がってきたDeNAとの日本シリーズは2日、ソフトバンクの3勝1敗で第5戦を迎える。2日の第4戦ではDeNAのルーキー左腕・濱口遥大投手が8回途中までソフトバンク打線をノーヒットに抑える好投を見せ、DeNAが快勝。ようやく初勝利を挙げ、ホークスに一矢を報いる形となった。

 王手をかけていたソフトバンクにとっては、またしても左投手にやられる形となった。クライマックスシリーズ・ファイナルステージでは、楽天の塩見貴洋、辛島航という左腕2人に封じ込まれて、初戦、2戦目とまさかの連敗スタート。その後、則本昂大、岸孝之、美馬学という右投手3人を返り討ちにしての3連勝を飾った。日本シリーズ第2戦でもDeNA先発の今永昇太からは1点しか奪えず、苦戦を強いられていた。

 それぞれの投手の、その時の投球成績は以下のようになっている。

塩見貴洋 6回 4安打1本塁打6三振0四死球1失点
辛島航  5回1/3 4安打1本塁打6三振1四死球1失点
今永昇太 6回 5安打0本塁打10三振2四死球1失点
濱口遥大 7回2/3 2安打0本塁打7三振3四死球0失点

 ポストシーズンでは左腕と対戦しているが、塩見、辛島、今永からは1点ずつしか奪えていない。濱口からは無得点と“左腕アレルギー”を発症している。

 ただ、シーズンの成績を見てみると、ソフトバンク打線は決して左投手を苦手としているわけではない。1日の第4戦にスタメン出場した面々の、今季の対左投手の成績はこうだ。

人気記事ランキング