野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • イチロー
  • イチローと契約更新せず 地元紙は「さらばイチロー」「レジェンドに別れ」

イチローと契約更新せず 地元紙は「さらばイチロー」「レジェンドに別れ」

マーリンズは3日(日本時間4日)、球団が持つイチロー外野手との2018年の契約オプションを行使しないと発表した。イチローはフリーエージェント(FA)となり、マーリンズを含む全30球団との交渉が可能になる。地元紙は「マーリンズがベースボールのレジェンドと別れを告げる」「キャリアの岐路となる可能性も」など報じている。

マーリンズからFAとなったイチロー【写真:Getty Images】
マーリンズからFAとなったイチロー【写真:Getty Images】

マーリンズが契約選択権を行使せずFAに、「キャリアの岐路となるかも」との報道も

 マーリンズは3日(日本時間4日)、球団が持つイチロー外野手との2018年の契約オプションを行使しないと発表した。イチローはフリーエージェント(FA)となり、マーリンズを含む全30球団との交渉が可能になる。地元紙は「マーリンズがベースボールのレジェンドと別れを告げる」「キャリアの岐路となる可能性も」など報じている。

 背番号51の契約オプションを行使しないというマーリンズの判断で、アメリカには大きな反響が広がっている。

 地元紙「サンセンチネル」は「マーリンズは2018年にイチローを呼び戻さず」と特集。記事では「イチローに別れを告げるということは、マーリンズは勤勉さと緻密なルーティンで球界で高く評価されている未来の殿堂入り選手の慰留を見送ったことになる」と指摘した。

 さらに、今季はスロースタートだったものの、オールスター明けに打率.299を記録したデータを紹介。スタントン、イエリッチ、オズナの外野トリオが今季は怪我なく好調だったために、先発出場は22試合だったが、「これはイチローが球界で最も好成績を残したピンチヒッターとなる助けとなった」と指摘。さらに、109打席100打数というメジャー記録に加え、歴代最多にあと1本に迫る27安打を放ったことなど、代打として金字塔を打ち立てたことも紹介している。

 一方、地元テレビ局「CBSスポーツ」電子版は「マーリンズはイチロー・スズキのオプションを行使せず そしてこれはキャリアの岐路となるかもしれない」との見出しで報じている。

人気記事ランキング