野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ロッテ大嶺翔、紅白戦で「アウト覚悟」の2打席連続三塁打含む4安打&5打点

ロッテ大嶺翔が5日の紅白戦で2打席連続の三塁打を含む4打席連続安打、5打点と大暴れした。

ロッテ・大嶺翔【写真:細野能功】
ロッテ・大嶺翔【写真:細野能功】

今オフは外野にも挑戦中「試合に出られるならどこでもいい」

 ロッテ大嶺翔が5日の紅白戦で2打席連続の三塁打を含む4打席連続安打、5打点と大暴れした。

 白組の「5番・遊撃」で先発。初回は四球で歩き、3回は右前打、5、6回と2打席連続で右中間三塁打、そして8回も左前打を放った。「4日のシート打撃で、センターオーバーの二塁打も三塁に走らなかったのを指摘され、アウト覚悟で三塁を狙った」と貪欲に次の塁を狙った。

 みやざきフェニックスリーグで井口監督から外野も守るように言われた大嶺翔。清田のグラブを借りて内外野を守り「センターは多分守らないが、ピッチャーとキャッチャー以外は全部やります。試合に出られるならどこでもいい」と意気込む。

 井口監督からは、打撃でアゴが上がるクセを指摘された。スローイングも足を使って投げるように言われ、キャンプでは矯正に取り組んでいる。ヒットはいずれも真っ直ぐで、強いストレートに押し負けないスイングが、結果に繋がった。

(細野能功 / Yoshinori Hosono)

人気記事ランキング