野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

日ハム大谷の争奪戦、米メディアは“ヤンキース推し”!? 地元NY紙も獲得予想

メジャーリーグのストーブリーグが本格的にスタートし、米国では日本ハムの大谷翔平投手への注目度が高まっている。6日(日本時間7日)には、CAAのネズ・バレロ氏を代理人に選んだと米メディアが報道。現在協議中の新ポスティングシステムが合意に達すれば、動きはさらに加速することになる。

日本ハム・大谷翔平【写真:石川加奈子】
日本ハム・大谷翔平【写真:石川加奈子】

NY地元紙がFA選手の移籍先を予想、ダルビッシュは総額134億円でエンゼルス?

 メジャーリーグのストーブリーグが本格的にスタートし、米国では日本ハムの大谷翔平投手への注目度が高まっている。6日(日本時間7日)には、CAAのネズ・バレロ氏を代理人に選んだと米メディアが報道。現在協議中の新ポスティングシステムが合意に達すれば、動きはさらに加速することになる。

 新労使協定のもとでは“破格”で大谷を獲得できることから、全30球団が名乗りを挙げるとも言われている大争奪戦。ニューヨークのメディアは、地元ヤンキースが獲得に成功すると予想している。

「ニューヨーク・ポスト」では、今オフのFA選手トップ30を格付けし、移籍先と契約総額を予想した特集を掲載。まず登場するのは、ドジャースからFAとなったダルビッシュ有投手だ。1位エリック・ホズマー内野手(ロイヤルズからFA)、J・D・マルティネス外野手(ダイヤモンドバックスからFA)に続く3位で名前が出てくる。

「彼の悲惨なワールドシリーズでの登板が、どれほど彼の価値を傷つけることになるのだろうか? もしくは、ワールドシリーズで良い登板をしていれば、彼の価値はどれほど上がったのだろうか?」

 この短い寸評とともに、移籍先チームは「エンゼルス」と予想。そして、5年総額1億1750万ドル(約134億3000万円)と算出している。年平均では2350万ドル(約27億円)。先発投手ではやはりトップ評価で、大型契約になると見ている。

人気記事ランキング