野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

大谷を「世界オンリーワン」の選手に 日ハムが5年でMLB挑戦を承諾した理由

日本ハムの竹田憲宗代表取締役社長、栗山英樹監督が10日、都内で記者会見を開き、大谷翔平投手のポスティングシステム(入札制度)によるメジャー移籍を容認することを明かした。新ポスティングシステムの正式締結が条件となるものの、入団から5年で二刀流右腕を送り出すことについて、球団側は「ベストに近いタイミング」と説明している。

球団からのMLB挑戦容認が発表された日本ハム・大谷翔平【写真:田口有史】
球団からのMLB挑戦容認が発表された日本ハム・大谷翔平【写真:田口有史】

入団から5年でのメジャー移籍は「少し早いと思われるかもしれないが…」

 日本ハムの竹田憲宗代表取締役社長、栗山英樹監督が10日、都内で記者会見を開き、大谷翔平投手のポスティングシステム(入札制度)によるメジャー移籍を容認することを明かした。新ポスティングシステムの正式締結が条件となるものの、入団から5年で二刀流右腕を送り出すことについて、球団側は「ベストに近いタイミング」と説明している。

 この日、大谷は都内で竹田社長、吉村GM、栗山監督と会談。その場でメジャー挑戦の意思を改めて伝え、球団側も了承した。竹田社長は「ファイターズはポスティングシステムの利用を承諾するという結論に至りました。この場を借りて、大谷選手がメジャーに挑戦することを許可したということを申し上げます」と明言した。

 1度は高卒でのメジャー挑戦を表明した大谷だったが、日本ハムがドラフトで1位指名し、面談を重ねて入団を実現させた。二刀流として常識を覆す活躍を続けてきた男は、わずか5年で米球界に渡ることに。ただ、日本ハムは快く送り出すという決断を下した。

 吉村GMは「彼は夢をもって(ここまで)来て、確実に成長して、昨年は日本一という輝かしい結果を手に入れ、新たに次の段階にチャレンジする。彼はまだまだ若い。23歳なので、少し早いとみなさんは思われるかもしれないけど、やはり世界のナンバーワンになり、大谷翔平が『世界オンリーワン』に向かうには、彼の決断、覚悟があるときに背中を押してあげるのが一番良かったと、ファイターズとして考えています」と話した。

人気記事ランキング