野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

日ハム増井、国内FA権行使を正式表明「残留も視野に入れて、他球団の話を聞きたい」

日本ハムの増井浩俊投手が14日、札幌市内の球団事務所で記者会見を行い、今季取得した国内フリーエージェント(FA)権を行使することを表明した。

来季の去就が注目される日本ハム・増井浩俊【写真:石川加奈子】
来季の去就が注目される日本ハム・増井浩俊【写真:石川加奈子】

球団事務所で記者会見「必要と言ってもらった」「すごく悩みましたが…」

 日本ハムの増井浩俊投手が14日、札幌市内の球団事務所で記者会見を行い、今季取得した国内フリーエージェント(FA)権を行使することを表明した。

 球団と複数回交渉を重ね、申請期限ギリギリまで熟考した33歳右腕が下した結論はFA宣言だった。

「球団からはチームのために僕の力が必要と言ってもらいましたし、すごく悩みましたが、宣言残留を認めるということだったので、こういう形になりました。残留も視野に入れて、他球団の話を聞きたい」
 
 2009年のドラフト5位で東芝から入団した増井は、2年目の11年に中継ぎとして頭角を現し、12年には最優秀中継ぎ投手のタイトルを獲得。15年には抑えとして39セーブを挙げた。昨季は後半戦から先発に転向、10勝をマークしてリーグ制覇と日本一に貢献した。

 抑えに戻った今季は、8月に通算100セーブを達成。チームが5位と低迷する中でも52試合に登板して6勝1敗、27セーブ、防御率2.39の成績を残した。

 150キロを超える直球と鋭いフォークで三振を奪う投球スタイル。先発もリリーフもこなせる高い能力を持っており、巨人などが獲得に乗り出すと見られる。

(石川加奈子 / Kanako Ishikawa)

人気記事ランキング