野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • NPBがFA宣言選手を公示、今オフは7選手 16日から他球団との交渉が可能に

NPBがFA宣言選手を公示、今オフは7選手 16日から他球団との交渉が可能に

日本野球機構(NPB)は15日、フリーエージェント(FA)宣言選手を公示した。今オフは7人がFA権を行使。14日が申請期間の最終日となっていた。7選手は16日から他球団との交渉が可能となる。

FA宣言をしたオリックス・平野佳寿【写真:編集部】
FA宣言をしたオリックス・平野佳寿【写真:編集部】

国内FA権が3選手、海外FA権が4選手

 日本野球機構(NPB)は15日、フリーエージェント(FA)宣言選手を公示した。今オフは7人がFA権を行使。14日が申請期間の最終日となっていた。7選手は16日から他球団との交渉が可能となる。

 NPBから公示された選手は以下の通り。

【国内FA宣言選手】
◯西武
野上亮磨投手

◯日本ハム
増井浩俊投手

◯阪神
大和(前田大和)内野手

【海外FA宣言選手】
◯ソフトバンク
鶴岡慎也捕手

◯オリックス
平野佳寿投手

◯日本ハム
大野奨太捕手

◯ロッテ
涌井秀章投手

 野上、増井、大和、大野は宣言残留の可能性も残しており、鶴岡は出場機会を求めて他球団への移籍を探っている。また、平野、涌井はメジャー挑戦を目指しており、動向に注目が集まる。

 注目が集まっていた日本ハムの選手では、2人がFA宣言した一方で、矢野謙次外野手、中田翔内野手、宮西尚生投手(ともに日本ハム)らは権利を行使せずに残留することを表明した。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング