野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • デビュー1か月以内の契約延長は3例…米メディアが大谷翔平の契約を考察

デビュー1か月以内の契約延長は3例…米メディアが大谷翔平の契約を考察

今オフのメジャー挑戦を表明している日本ハム大谷翔平投手の話題は、アメリカでも尽きることがない。現行のMLB労使協定に基づき、23歳の大谷は契約金に上限が設けられ、米国のアマチュア選手同様にマイナー契約で球団が6年の保有権を持つことになる。

日本ハム・大谷翔平【写真:田口有史】
日本ハム・大谷翔平【写真:田口有史】

労使協定により当初はマイナー契約もデビュー後は契約延長可能

 今オフのメジャー挑戦を表明している日本ハム大谷翔平投手の話題は、アメリカでも尽きることがない。現行のMLB労使協定に基づき、23歳の大谷は契約金に上限が設けられ、米国のアマチュア選手同様にマイナー契約で球団が6年の保有権を持つことになる。あと2年待って25歳を迎えれば、100億円を超える大型契約を勝ち取れることは間違いないと言われるが、“二刀流”右腕は金銭ではなく夢を追うことを選択。アメリカでは、大谷が野球を純粋に愛する気持ちも話題となっている。

【PR】NPB公式戦をいつでも&どこでもお得に観戦 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 大谷がポスティングされ、30球団いずれかのチームと契約を結んだ後は、フリーエージェント(FA)権を獲得する7年目まで大型契約は手に入れられないのだろうか。そんなことはない。メジャー登録期間が3シーズンに達した選手は、その年のオフから年俸調停権を手に入れ、保有権を持つ球団と年俸の交渉を行うことができる。また、成績が優秀な選手はメジャー登録期間が2シーズンでも“飛び級”で年俸調停権が手に入る“スーパー2”という制度もある。一方で、将来有望でチームの顔として長く在籍してもらいたいと願う球団は、スター選手が年俸調停権を手にする以前に長期メジャー契約を結び直すことが多い。米最大の移籍情報サイト「MLBトレードルーマーズ」では、メジャーデビューから1年以内に長期契約を結び直した選手を紹介し、大谷もその例に倣うであろう可能性に触れている。

 マイナー契約を結んだ選手は、メジャーに昇格した場合、労使協定で定められるメジャー最低保証年俸を出場した日数に応じてもらうことができる。今季のメジャー最低保証額は54万5000ドル(約6160万円)で、大谷も開幕メジャー入りし、シーズンを通じてプレーすれば、これと同額がもらえる。だが、早々に契約延長すれば、それ以上の年俸がもらえることになる。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」