野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

稲葉ジャパン、源田の「足」で初得点 近藤の内野安打で一塁から一気生還

野球日本代表「侍ジャパン」は16日、「ENEOSアジアプロ野球チャンピオンシップ2017」の初戦・韓国戦に臨み、3回に西武・源田の足で先制点をもぎ取った。

侍ジャパン・源田壮亮【写真:Getty Images】
侍ジャパン・源田壮亮【写真:Getty Images】

3回に先制点を奪取

 野球日本代表「侍ジャパン」は16日、「ENEOSアジアプロ野球チャンピオンシップ2017」の初戦・韓国戦に臨み、3回に西武・源田の足で先制点をもぎ取った。

 0-0で迎えた3回。2死走者なしで打席に立った源田が、3ボール1ストライクから四球を選んで出塁する。続く近藤は1ボール2ストライクから直球を叩きつけ、一塁方向へ高いバウンドのゴロが転がった。

ソウル銀メダルの原動力、元西武・潮崎氏の脳裏に刻まれた1失点「衝撃でした」(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 一塁手が飛び出すも取れず、二塁手が捕球。内野安打となったが、スタートを切っていた一塁走者の源田は迷わず二塁を回って三塁へ。さらに、二塁手から三塁への送球がそれ、ボールがファウルゾーンを転がったのを見ると、素早い判断で一気に本塁へ。ヘッドスライディングで生還し、待望の先制点。これが初陣の「稲葉ジャパン」の初得点となった。

 しかし、直後の4回に先発・薮田が先頭のキム・ハソンにソロ本塁打を浴び、すぐに同点とされた。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」