野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

稲葉ジャパン、逆転許す 3回に先制するも、直後に大量4失点

野球日本代表「侍ジャパン」は16日、「ENEOS アジアプロ野球チャンピオンシップ2017」の初戦・韓国戦に臨んだ。3回に西武・源田の好走塁で先制点をつかんだものの、その直後の4回にソロ本塁打と犠飛で試合をひっくり返されてしまった。

侍ジャパン・薮田和樹【写真:Getty Images】
侍ジャパン・薮田和樹【写真:Getty Images】

薮田は2失点で降板、オリ近藤へ継投

 野球日本代表「侍ジャパン」は16日、「ENEOS アジアプロ野球チャンピオンシップ2017」の初戦・韓国戦に臨んだ。3回に西武・源田の好走塁で先制点をつかんだものの、その直後の4回にソロ本塁打と犠飛で試合をひっくり返されてしまった。

 両チーム無得点で迎えた3回に試合が動いた。2死から源田が四球を選んで出塁すると、続く近藤の高いバウンドの二塁内野安打で、一気に三塁へ。二塁手からの送球が中途半端なバウンドとなり、ボールはファウルゾーンへと転がると、源田は本塁へ。ヘッドスライディングでホームを陥れ、この日が初陣となった「稲葉ジャパン」の初得点となった。

ソウル銀メダルの原動力、元西武・潮崎氏の脳裏に刻まれた1失点「衝撃でした」(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 しかし、直後の4回に先発の広島・薮田が、先頭で打席に入った韓国の4番キム・ハソンに弾丸ライナーで左翼席へと突き刺さるソロ本塁打を浴びて、同点に。さらに、連打で無死一、三塁とされると、ハ・ジュソクに左翼への犠飛を浴びて勝ち越し点を奪われた。代わった2番手のオリックス・近藤も2つの四球で2死満塁とされると、イ・ジョンフに左中間にフラフラと上がったポテンヒットを許し、2点を加えられた。先制点を奪った侍ジャパンだったが、この回大量4失点。3点のビハインドを背負うこととなった。

(Full-Count編集部)

日本通運は侍ジャパンを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」