野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

ダル、大谷、青木の日本人3人獲得も? レンジャーズ補強候補、地元紙特集

今季、78勝84敗でア・リーグ西地区3位タイに終わったレンジャーズ。巻き返しに向け、補強ポイントは少なくない。地元紙は、各ポジションの獲得候補を挙げており、左翼で青木宣親外野手、先発で大谷翔平投手、そして今夏レンジャーズがトレードで放出したダルビッシュ有投手の名前がリストに載っている。

去就が注目される青木宣親【写真:Getty Images】
去就が注目される青木宣親【写真:Getty Images】

巻き返し目指すレンジャーズ、補強ポイントに日本人選手の名前

 今季、78勝84敗でア・リーグ西地区3位タイに終わったレンジャーズ。巻き返しに向け、補強ポイントは少なくない。地元紙は、各ポジションの獲得候補を挙げており、左翼で青木宣親外野手、先発で大谷翔平投手、そして今夏レンジャーズがトレードで放出したダルビッシュ有投手の名前がリストに載っている。

【PR】NPB公式戦をいつでも&どこでもお得に観戦 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 まずは左翼について。同紙は「最高のFA左翼手5人を調査:ひとりの並外れた選手と旅人たち」とタイトルをつけている。「並外れた選手」とは、ホワイトソックスからFAとなったメルキー・カブレラ。メジャー13シーズンで通算打率.286、131本塁打、768打点と実績十分の好打者だ。

 そして、キャメロン・メイビンに続いて3番目に名前が挙がっているのが、青木。メジャー6シーズンで7チームでプレーしてきた「ジャーニーマン(旅人)」は、今季終了後にメッツから放出された。

 寸評では「ヒューストン(アストロズ)、トロント(ブルージェイズ)、そしてニューヨーク・メッツの3球団でプレーするという、稀なことを成し遂げた。2012年ルーキーシーズン以来初となる長打率.400以上を記録。フェアゾーンにボールを飛ばすこができ、三振の割合は通算で10.53打席に1回とした」とコンタクト能力の高さを特筆している。

 一方で、「今シーズン、左腕に対する打率は.218、OPS.586となった。対左腕の通算成績は打率.301、OPS.732となっている」と、得意としていた左投手との対戦で苦しんだことにも言及。守備については「平均的だが、正確な送球をする。外野での守備範囲は限られている」との評価だ。

 各メディアのFA選手ランキングでは、名前があがることの少ない35歳。レンジャーズが獲得に動くのか、注目が集まるところだ。その他、左翼ではクリス・ヤング、ベン・リベアが候補に挙がっている。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」