野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

ホークス甲斐が快挙! 育成出身初のベストナイン&GG賞W受賞「本当に光栄」

史上初の快挙となった。ソフトバンクの甲斐拓也捕手が17日に発表されたベストナインで、パ・リーグの捕手部門で選出された。セ・パ両リーグを通じて最大のサプライズだったかもしれない。

ベストナインを受賞したソフトバンク・甲斐拓也【写真:藤浦一都】
ベストナインを受賞したソフトバンク・甲斐拓也【写真:藤浦一都】

2010年の育成ドラフト6巡目から大躍進「監督やコーチに使い続けてもらった賜物」

 史上初の快挙となった。ソフトバンクの甲斐拓也捕手が17日に発表されたベストナインで、パ・リーグの捕手部門で選出された。セ・パ両リーグを通じて最大のサプライズだったかもしれない。もちろん初受賞。先日発表されたゴールデングラブ賞に続く受賞。育成出身者としてゴールデングラブ賞とベストナインの同時受賞は、初めてのこととなった。

【PR】NPB公式戦をいつでも&どこでもお得に観戦 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 現在、侍ジャパンメンバーとして「ENEOS アジアプロ野球チャンピオンシップ」に参戦している甲斐は球団を通じて「本当に光栄なこと。率直にその言葉しか出てきません。これも監督やコーチに試合で使い続けてもらった賜物です。選出頂いたことに恥じないように、来季もっとチームの信頼を得られるように、オフも気を緩めずに努力したいと思います」とコメントした。

 2010年の育成ドラフト6巡目。支配下ドラフトの1位は同じ捕手の山下斐紹(今オフ楽天にトレード)、同2位は今や球界を代表する外野手となった柳田悠岐で、育成4巡目は今季バッテリーを組み続けてきた千賀滉大だった。この年、ソフトバンクで最後に指名を受けた170センチの小柄な捕手が、リーグを代表する捕手へと成長を遂げた。

 2013年オフに支配下契約を勝ち取ったものの、その後も1軍の舞台は遠いままだった。転機となったのは昨オフ。若手捕手の登用に球団が舵を切り、これまで扇の要を担った細川亨を放出した(コーチ契約を打診したが、現役続行を希望して退団)。さらには捕手出身の達川光男ヘッドコーチが就任し、この達川ヘッドコーチに見初められたのも大きかった。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」