野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

咲ききれなかったスピードスター藤村大介、2011年盗塁王のキャリアを回顧

今季限りで引退した藤村大介は、名門熊本工業高校時代、甲子園に3度出場。俊足巧打の内野手として注目され、2007年の高校生ドラフトで、仙台育英高校の佐藤由規の抽選に外れた巨人から、外れ1位で指名され入団した。

巨人・藤村大介の成績一覧
巨人・藤村大介の成績一覧

初安打よりも初盗塁が先、2011年には28盗塁でタイトル獲得

 今季限りで引退した藤村大介は、名門熊本工業高校時代、甲子園に3度出場。俊足巧打の内野手として注目され、2007年の高校生ドラフトで、仙台育英高校の佐藤由規の抽選に外れた巨人から、外れ1位で指名され入団した。

【PR】「DAZN」ならプロ野球が見放題! ”初月無料キャンペーン実施中”、登録はこちらから

 2008年から2010年までの3年間は、2軍で経験を積んだ。174センチ、74キロのスリムな体。飛び抜けたパワーは持たなかったが、抜群の俊足とミート力で定評を集めた。

 1年目は2軍で38試合に出場し、打率.311をマーク。2年目、3年目も.276、.282と安定した打撃成績を残している。3年間で成功したのが26盗塁だったのに対し、33盗塁死を記録するなど、走塁の技術は未熟だったが、2軍の首脳陣は失敗を恐れず走らせることで、経験を積ませようとした。

 1軍デビューは4年目の2011年5月10日、上毛新聞敷島球場での横浜戦だった。8回裏に寺内崇幸の代打で出場し、三塁ゴロに倒れた。5月13日の広島戦(マツダスタジアム)では、「8番・二塁」で初先発し、7回表に四球で出塁すると初盗塁。捕手は石原慶幸だった。初安打はその翌日で、盗塁の方が早かった。いかにも足で売り出した藤村らしい。

 藤村はこの年、打撃不振に陥って2軍落ちした脇谷亮太に代わって正二塁手となり、119試合に出場、28盗塁をマークした。

○2011年セ・リーグの盗塁5傑

1.藤村大介(巨)28
2.赤松真人(広)19
2.長野久義(巨)19
4.鈴木尚広(巨)18
4.荒木雅博(中)18

人気記事ランキング

  • ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬