野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

稲葉ジャパン、外崎ソロで先制! 勝つか引き分けで決勝進出が決定

野球日本代表「侍ジャパン」は18日、「ENEOS アジアプロ野球チャンピオンシップ」の第2戦・チャイニーズ・タイペイ戦に臨み、2回に西武・外崎がソロ本塁打を放ち、先制点を掴んだ。

先制ホームランを放った侍ジャパン・外崎【写真:Getty Images】
先制ホームランを放った侍ジャパン・外崎【写真:Getty Images】

台湾先発のリンから、右翼スタンドへの1発

 野球日本代表「侍ジャパン」は18日、「ENEOS アジアプロ野球チャンピオンシップ」の第2戦・チャイニーズ・タイペイ戦に臨み、2回に西武・外崎がソロ本塁打を放ち、先制点を掴んだ。

ソウル銀メダルの原動力、元西武・潮崎氏の脳裏に刻まれた1失点「衝撃でした」(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 0-0で迎えた2回。4番・山川、5番・上林が倒れて2死となって打席に立った外崎。1ボール2ストライクから、チャイニーズ・タイペイ先発のリン・ジュョンシェンが投じた7球目の真っ直ぐを捉えた。東京ドームに快音を残した弾道は、低い軌道を描きながら、右翼スタンドへ。先制のソロ本塁打となった。

 16日の初戦・韓国戦で延長10回タイブレークの末に、劇的なサヨナラ勝ちをおさめていた稲葉ジャパン。勝つか引き分けで決勝進出が決まる一戦で、待望の先制点をあげた。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」