野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

稲葉ジャパン、先発今永が驚異の奪三振ショー 3回までに8奪三振

勝つか引き分けで決勝進出が決まる一戦の先発マウンドに上がったDeNAの今永昇太投手が立ち上がりに、驚異の奪三振ショーを演じた。

好調な立ち上がりをみせている侍ジャパン・今永【写真:Getty Images】
好調な立ち上がりをみせている侍ジャパン・今永【写真:Getty Images】

2回まではアウト全てが三振

 野球日本代表「侍ジャパン」は18日、「ENEOS アジアプロ野球チャンピオンシップ」の第2戦・チャイニーズ・タイペイ戦を戦った。勝つか引き分けで決勝進出が決まる一戦の先発マウンドに上がったDeNAの今永昇太投手が立ち上がりに、驚異の奪三振ショーを演じた。

米国代表メンバーを驚かせた日本が秘めるパワー「短絡的に考えるのは危険」(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 初回、先頭のチェン・ジェシェンから空振り三振を奪うと、続く西武の呉念庭も空振り三振に。巨人の陽岱鋼には死球を与えたものの、続く2年連続4割のワン・ポーロンも空振り三振に切って取った。

 2回は先頭のジュウ・ユィシェンに左前安打を許したが、そこから三者連続三振を奪う圧巻のピッチング。3回も先頭のグォ・フーリンを空振り三振に。チェンは中飛で初めて三振以外でのアウトとなったが、呉念庭も見逃し三振に。3回まで9つのアウトのうち、8個を三振で奪った。

(Full-Count編集部)

日本通運は侍ジャパンを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」