野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

兄より先に引退を決めた新井良太 強打者たちが立ちはだかったプロ人生

新井良太は中学時代から野球をはじめた。広島の名門・広陵高を経て、6歳上の兄・貴浩の後を追って駒澤大に入学。兄は広島工高は無名だったが、弟・良太は2001年春の甲子園にも出場し、駒澤大では1年から4番。東都大学リーグ歴代8位タイの14本塁打を放った。屈指の強打者として、中日に2005年の大学・社会人ドラフト4位で指名された。

新井良太のこれまでの成績
新井良太のこれまでの成績

名門・広陵高から兄・貴浩の後を追って駒澤大へ進んだ弟・良太

 新井良太は中学時代から野球をはじめた。広島の名門・広陵高を経て、6歳上の兄・貴浩の後を追って駒澤大に入学。兄は広島工高は無名だったが、弟・良太は2001年春の甲子園にも出場し、駒澤大では1年から4番。東都大学リーグ歴代8位タイの14本塁打を放った。屈指の強打者として、中日に2005年の大学・社会人ドラフト4位で指名された。

 188センチ98キロの体格は、189センチ102キロの兄とほぼ同じ。日本人としては大型の野手だった。ファームでは1年目から4番に据えられて規定打席に達し、10位の打率.254を記録。一塁を34試合、三塁を52試合守った。1軍初出場は、この年の7月25日の阪神戦(ナゴヤドーム)。7回裏に中田賢一の代打で登場し、能見篤史に三振を喫している。

 当時の中日は、落合博満監督の下、常勝軍団を形成していた。一塁にはこの年、本塁打、打点の二冠王に輝いたタイロン・ウッズがおり、三塁には森野将彦とベテラン立浪和義が。なかなかチャンスは巡ってこなかった。

 翌2007年には、三塁に中村紀洋が加入し、ゴールデングラブを受賞。ウッズも一塁でベストナインとなり、新井良太は29試合に出たが、7安打だけ。2008年もウッズと中村がそれぞれ一、三塁に陣取り、新井は24試合の出場に留まった。ウッズが退団し、中村が楽天に移籍した2009年は一塁には新外国人トニ・ブランコが入り、本塁打、打点の二冠王に輝き、三塁は森野将彦が復帰してフル出場した。新井良太はわずか8試合の出場だった。

 2軍では2008年に規定打席には未達ながら打率.332を記録するなど屈指の強打者となっていたが、入団4年目の2009年まで1軍では0本塁打。2010年になってようやく初本塁打を記録したが、4年目で全試合出場を果たした兄とは程遠い成績であった。

人気記事ランキング