野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

西武の“人材難”を解消した新人王・源田、記録と記憶に残る1年を振り返る

長年プロ野球ファンの間でささやかれていた話題の1つに、「野手としてパ・リーグ新人王を獲得する選手が出るのはいつになるだろう?」というものがあった。最後に受賞した野手は19998年の小関竜也(西武)。19年という長い時を経て、ついに今年、その疑問に答えを出す選手が現れた。

西武・源田【写真:(C)PLM】
西武・源田【写真:(C)PLM】

守備はもちろん打撃で開花、新人安打記録で歴代3位の155安打

 長年プロ野球ファンの間でささやかれていた話題の1つに、「野手としてパ・リーグ新人王を獲得する選手が出るのはいつになるだろう?」というものがあった。最後に受賞した野手は19998年の小関竜也(西武)。19年という長い時を経て、ついに今年、その疑問に答えを出す選手が現れた。

【PR】NPB公式戦をいつでも&どこでもお得に観戦 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 埼玉西武の源田壮亮選手が、2017年のパ・リーグ新人王に選出された。先発ローテーションに定着して好成績を残した山岡投手(オリックス)をはじめ、チームの勝ちパターンとして活躍した高梨投手(楽天)や育成出身の石川投手(福岡ソフトバンク)といった他の候補者に競り勝ち、自身の野球人生におけるただ一度のチャンスをものにしたことになる。

 源田選手は大分商業高校、愛知学院大学、トヨタ自動車を経て、昨年のドラフトで埼玉西武から3位指名を受ける。埼玉西武にとって課題となり続けていた正遊撃手のポジションを埋める候補の1人として、その守備力には大きな期待が寄せられていた。しかし、源田選手はその期待を大きく上回る活躍で、1年目からチームに欠かせない存在となっていく。

 オープン戦で結果を残し、球団の新人遊撃手としては石毛宏典氏以来36年ぶりとなる開幕スタメン。開幕当初は9番を務めたが、4月5日から2番に定着すると、そのままシーズンを通してレギュラーを張り続けた。最終的に、2リーグ制導入後の新人としては徳武定之氏(国鉄)以来56年ぶり4人目、そして遊撃手としては史上初となる全試合フルイニング出場という偉業を成し遂げる。

 アマチュア時代から定評のあった守備でも幾度となくチームを救ったが、源田選手は打撃面でも存在感を発揮した。打率.270をマークし、リーグ最多となる10本の三塁打を放つ。リーグ最多タイの打数を重ねて安打を量産し、新人のシーズン安打記録歴代3位に躍り出る155安打。源田選手の2017年はもはや埼玉西武にとどまらず、球界全体にとっても記録的なルーキーイヤーとなった。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」