野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

「もういいや」と捨て身の覚悟!? サンシャイン外崎が西武ファン感で絶叫

西武のファン感謝イベント『LIONS THANKS FESTA 2017』が23日に行われ、約5万2000人が会場となったメットライフドームに集った。

ファン感謝デーで絶叫する”サンシャイン外崎”【写真:上岡真里江】
ファン感謝デーで絶叫する”サンシャイン外崎”【写真:上岡真里江】

西武のファン感謝イベントで外崎が大ハッスル

 西武のファン感謝イベント『LIONS THANKS FESTA 2017』が23日に行われ、約5万2000人が会場となったメットライフドームに集った。

【PR】「DAZN」なら西武戦が見放題! ”初月無料キャンペーン実施中”、登録はこちらから

 イベント中、スタジアムを爆笑の渦に巻き込んだのは、やはり、いま、最も乗りに乗っている男・外崎修汰だった。選手トークショー『ブレイク!』編に、平井克典投手、源田壮亮選手、山川穂高選手とともに登壇した、『ENEOS アジア プロ野球チャンピオンシップ2017』MVP男。

 この日が、ちょうど山川の誕生日であることに話題が及ぶと、「祝ってあげないとダメだと思うので。ちょっと、やりたいことがあるので、いいですか?」突然、着ていたユニフォームを脱ぎだすと、ブルーのショートパンツ、“sunshine 外崎”と描かれた白いタンクトップ姿に変身。鉢巻を取り出し、額に巻くと、「空前絶後の~ ベースボールプレーヤー。ライオンズを愛し、ライオンズに愛された男! その名も~」と、お笑いタレント・サンシャイン池崎を模倣した、“サンシャイン・外崎”の絶叫ネタで、富士大の先輩をお祝いした。

 このサプライズプレゼントに、山川はもちろん、ファンも大喜び。「(楽しんでもらう)そのために頑張ったので、良かったです。ファンの皆さんに(日頃の応援への感謝を)返せたらなと思ったので、今日ぐらいは、恥ずかしい思いをしてでも、『もういいや!』と思って」。捨て身?覚悟の感謝の思いは、ファンの心にしっかりと届いたはずだ。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」