野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

最近の“当たり年”は? ヤクルト過去10年のドラフト査定

シーズンを終えたプロ野球ではストーブリーグが始まった。今年もドラフトで選手が入団し、新陳代謝が起こっている。大きな期待を寄せられて入団してくる選手たちはどのような活躍を見せてくれるのか。新シーズンの楽しみの一つだが、ここではここ10年のドラフト入団選手の実績を振り返って、各球団のドラフト査定をしてみたい。

ヤクルト・中村悠平【写真:荒川祐史】
ヤクルト・中村悠平【写真:荒川祐史】

正捕手中村は2008年ドラフト3位入団、同期メンバーは…

 シーズンを終えたプロ野球ではストーブリーグが始まった。今年もドラフトで選手が入団し、新陳代謝が起こっている。大きな期待を寄せられて入団してくる選手たちはどのような活躍を見せてくれるのか。新シーズンの楽しみの一つだが、ここではここ10年のドラフト入団選手の実績を振り返って、各球団のドラフト査定をしてみたい。

 まずはセ・リーグ、今季最下位のヤクルトから。2008年以降のドラフト入団選手の通算成績について見ていこう。通算成績は他球団移籍後も含まれる。※は現時点での現役選手。

〇2008年
1位・赤川克紀 投 宮崎商業高・14勝20敗0S0H 防御率4.17
2位・八木亮祐 投 享栄高・11勝22敗0S2H 防御率4.25、オリックスへ※17年戦力外
3位・中村悠平 捕 福井商業高・664試474安19本185点9盗 打率.240※
4位・日高亮 投 日本文理大附属高・5勝3敗0S16H 防御率4.19ソフトバンクへ
5位・新田玄気 捕 パナソニック・28試10安1本9点0盗 打率.313
育1位・ラファエル・フェルナンデス 投 白鴎大学・1勝0敗0S0H 防御率8.31
育2位・塚本浩二 投 香川オリーブガイナーズ・(1軍出場なし)

 今、ヤクルトで活躍しているのは正捕手になっている3位の中村だけ。他の選手は大半が引退し、オリックスに移籍した八木も今オフ戦力外通告を受けた。フェルナンデスは球団で通訳をしているが、今年のトライアウトに挑戦した。

〇2009年
1位・中澤雅人 投 トヨタ自動車・12勝14敗0S7H 防御率4.59※
2位・山本哲哉 投 三菱重工神戸・6勝11敗14S55H 防御率3.04※
3位・荒木貴裕 内 近大・319試165安12本61点10盗 打率.238※
4位・平井諒 投 帝京五高・4勝4敗1S9H 防御率3.90※
5位・松井淳 外 日大国際関係学部・78試57安5本16点1盗 打率.265
育1位・曲尾マイケ 外 青森山田高・(1軍出場なし)
育2位・麻生知史 内 日大国際関係学部・(1軍出場なし)

 中澤、山本が中継ぎ投手として活躍している。荒木は内野のユーティリティとして今季は91試合に出場した。

人気記事ランキング