野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ロッテ中村、300万円増の3500万円でサイン 二塁で「ゴールデングラブを」

ロッテの契約更改が29日にZOZOマリンの球団事務所で行われ、二塁にコンバートされた中村奨吾内野手(25)は300万円増の3500万円(金額は推定)でサインした。

契約更改に臨んだロッテ・中村奨吾【写真:細野能功】
契約更改に臨んだロッテ・中村奨吾【写真:細野能功】

「監督に恥をかかせないように頑張っていきたい」

 ロッテの契約更改が29日にZOZOマリンの球団事務所で行われ、二塁にコンバートされた中村奨吾内野手(25)は300万円増の3500万円(金額は推定)でサインした。

【PR】「DAZN」ならロッテ戦が見放題! ”初月無料キャンペーン実施中”、登録はこちらから

 春先は打撃不振で開幕直後に2軍落ちするなど苦しんだが後半に盛り返し、85試合の出場ながら、打率.275、32打点、9本塁打、11盗塁を挙げ、その結果が評価された。

「球団からは『後半、よく頑張ってくれた。来年は(二塁の)レギュラーとして、1年間やって欲しい』と言われた。(井口新)監督に恥をかかせないように頑張っていきたい」と誰よりも尊敬する新監督への思いを口にした。

 7月は20試合で打率.317と夏場に強さも見せた。兼任コーチに就任した福浦らからアドバイスももらい、打撃のタイミングも見直した結果、数字に繋がった。秋にはアジアプロ野球チャンピオンシップの侍ジャパンメンバーにも選ばれた。

「1年間やってないし、レギュラーもとっていないので(侍ジャパンでは)遠慮もあったが、そういう場に呼ばれる選手として、胸を張って行けるようなりたい」と中村。早大時代に一番慣れ親しんだセカンドのポジションで「ゴールデングラブを獲れるような選手になりたい」と話した。

(細野能功 / Yoshinori Hosono)

人気記事ランキング

  • ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬