野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

大谷の移籍先に田中将大も「どこ行くのかな」 去就12月中決着は「いいこと」

ヤンキースの田中将大投手が30日、古巣・楽天の本拠地Koboパーク宮城で自主トレを行った。来季のワールドシリーズ制覇に改めて意欲を見せた右腕は、日本ハムからポスティングシステム(入札制度)でメジャー挑戦に踏み切る大谷翔平投手についても言及した。

Koboパーク宮城で自主トレを行ったヤンキース・田中将大【写真:編集部】
Koboパーク宮城で自主トレを行ったヤンキース・田中将大【写真:編集部】

自身の時は去就決定が長期化、経験踏まえて見解明かす

 ヤンキースの田中将大投手が30日、古巣・楽天の本拠地Koboパーク宮城で自主トレを行った。来季のワールドシリーズ制覇に改めて意欲を見せた右腕は、日本ハムからポスティングシステム(入札制度)でメジャー挑戦に踏み切る大谷翔平投手についても言及。システム上の問題もあって去就決定が長引いた自身の経験を踏まえ、今オフのポスティングシステムでは大谷の移籍先が12月中に決まることについては、「いいと思います」とポジティブな要素になるとの見方を示した。

 今年もかつての本拠地に戻ってきた田中。筋力トレやキャッチボールで汗を流し、「迎えてもらえるような選手であり続けられるように、これから頑張りたいと思います」と気持ちを新たにした。

 さらに、来季へ向けては「ワールドシリーズ制覇という目標に向けてはその距離は今年で縮まったと思います。今年ここまで来られたから来年も行けるかと言われたら、もちろんそうではないのが野球だと思います。しかし、その距離感は見えてきたと思いますので、チームの成長とともに自分もしっかり成長していって、チームの1つのピースになれるように投げていきたいと思います」と改めて誓った。

 そして、日米で注目度が高まっている大谷についても言及。自身が所属するヤンキースなど、様々な球団が移籍先の候補として浮上しており、「僕もどこに行くかなって思って見ているだけです」と話す。自身の時も大争奪戦が展開され、決断に注目が集まったが、その前にポスティングシステムがなかなか日米間で合意に達しなかったため、スケジュールは大幅にずれ込んだ。

人気記事ランキング