野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

「楽天の役に立てる」―球団草創期を支えた渡辺直人が球団にもたらすもの

チームメイトも涙した退団から7年。球団の草創期を支えた人気選手が、杜の都に帰ってくる。今オフ、渡辺直人内野手の楽天への復帰が決定した。

楽天の入団会見に臨んだ渡辺直人【写真:高橋昌江】
楽天の入団会見に臨んだ渡辺直人【写真:高橋昌江】

復帰会見で変わらぬ笑顔「本当に嬉しくて言葉になりません」

 チームメイトも涙した退団から7年。球団の草創期を支えた人気選手が、杜の都に帰ってくる。今オフ、渡辺直人内野手の楽天への復帰が決定した。「グラウンドの天然芝化など仙台の球場は色々と変わったようですが、東北のファンの皆さんの熱い応援は全く変わらないですね」と笑ったベテランの帰還を心待ちにしていたファンは、さぞ多かったことだろう。

【PR】NPB公式戦をいつでも&どこでもお得に観戦 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 牛久高校、城西大学を卒業後、三菱ふそう川崎で遊撃手として活躍した渡辺は、2006年の大学生・社会人ドラフトで、楽天から5巡目指名を受ける。当時、創設2年目を終えたばかりの球団は選手層の薄さに悩まされていたこともあって、26歳のオールドルーキーには、即戦力の証である1桁の背番号「2」が与えられた。

 その大きな期待に応える活躍を見せ、渡辺はすぐにチームに欠かせない選手となっていく。両リーグの新人で唯一規定打席に到達し、打率.268、25盗塁と持ち味を発揮。翌年以降も高い出塁率を誇り、3年連続でチーム最多盗塁をマークした俊足などを武器に、高須洋介氏、山崎武司氏、鉄平氏らとともに草創期の楽天を支え続けた。その甲斐あって、専用のユニホームさえない中から出発したチームも徐々に上昇気流に乗っていき、2009年には球団史上初のクライマックスシリーズ進出を果たしている。

 しかし、翌2010年、楽天は再び最下位に。そしてオフシーズンのチームには、それ以上の大きな激震が走る。その実力と人間性で、チーム内で確固たる地位を築いていた渡辺のトレードが決まったのだ。移籍会見では、「来年も楽天でやりたいという気持ちがある中で、仙台を離れるのは寂しいです」と声を詰まらせたが、苦しい時代をともに戦ってきたチームメイトたちも、自らの契約更改で惜別の涙を流す異例の事態となった。

 渡辺はトレードで移籍した横浜DeNAで初年度こそ二塁手のレギュラーを確保したものの、翌年以降は若手の台頭もあって出番を減らしてしまう。2013年の7月には、自身2度目のトレードで埼玉西武へ移籍。ただここでは、走・攻・守の全てでベテランらしいプレーを披露し、スーパーサブとして堅実な働きを見せ続けた。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」