野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

新戦力加入濃厚も一歩も引くつもりない― ハム移籍4年目捕手ににじむ覚悟

日本ハムの市川友也捕手が1日、札幌の球団事務所で契約更改交渉に臨み、現状維持の年俸2300万円でサインした(金額は推定)。

ベテラン捕手加入の可能性も「競争に勝っていきたい」

 来季は捕手の競争激化が見込まれる。巨人を退団した實松、ソフトバンクからFA宣言した鶴岡と2人のベテラン捕手が、加入する可能性が高まっているからだ。

【PR】移動の多い斉藤和巳氏がDAZN(ダゾーン)を活用するワケ 「文字だけでは…」

「ベテランのキャッチャーの方が2人入ってくるので競争が激しくなってくると思うんですけど、しっかり自分の色を出して競争に勝っていきたいです」と市川は一歩も引くつもりはない。

 まずは2年連続の開幕マスクに照準を合せる。「それにはレギュラークラスの信頼がなくてはいけない。大事なことだと思うので、そこは狙っていきたいです」と力を込めた。

(石川加奈子 / Kanako Ishikawa)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」