野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

5年連続Bクラス中日の外国人査定 退団ゲレーロは35発も…得点圏打率.258

5年間Aクラスがなく、クライマックスシリーズ進出を果たしていない球団は、セ・リーグだけでなく、パ・リーグを含めても中日だけしかいない。中日が立たされている現状は厳しいと言わざるを得ないだろう。

中日から退団したアレックス・ゲレーロ【写真:荒川祐史】
中日から退団したアレックス・ゲレーロ【写真:荒川祐史】

5年連続Bクラスはセパ両リーグで中日だけ

 屈辱のシーズンが今年も続いてしまった。59勝79敗5分、借金20。セ・リーグ5位に終わった中日の成績である。驚愕の借金51を数えたヤクルトが6位に沈んだため、2年連続最下位こそ免れたが、5年連続Bクラス。森繁和監督が正式に新監督に就任して臨んだシーズンだったが、浮上を果たすことは出来なかった。

 2012年まで11年連続Aクラスだったが、そこから一転して5年連続のBクラス。5年間Aクラスがなく、クライマックスシリーズ進出を果たしていない球団は、セ・リーグだけでなく、パ・リーグを含めても中日だけしかいない。中日が立たされている現状は厳しいと言わざるを得ないだろう。

 チーム打率.247、チーム防御率4.05はともにリーグ5位だった中日。ルーキーの京田陽太内野手が遊撃手のレギュラーに定着して新人王を獲得し、終盤の離脱こそあったが大島洋平外野手は打率.313でリーグ3位に入った。助っ人に目を移すと、新助っ人のアレックス・ゲレーロ内野手が35本塁打で本塁打王を獲得した。その一方で、もう1人の主軸として期待されたダヤン・ビシエド内野手は米国市民権取得手続きの影響で約1か月離脱し、8月には右腕尺骨を骨折。87試合、打率.250という不本意な成績で終わった。

 満足いく成績を残せなかったのは、助っ人投手陣も同様である。先発のバルデス、先発中継ぎ両面で投げたジョーダンと6勝に終わり、アラウホ、ロンドンの2人はシーズンのほとんどを2軍で暮らした。そこで、ここでは今季の中日の助っ人勢の成績と働きを振り返ってみよう。

人気記事ランキング