野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

兄はドラ1、弟は戦力外からテスト入団 ロッテがつないだ田中兄弟の縁

千葉ロッテの兄弟選手といえば、祐太投手と翔太選手の「大嶺兄弟」が思い浮かぶだろう。しかし、実兄と同じユニホームをまとい、1軍で奮闘している選手がもう1人いる。石川県出身の30歳、田中靖洋投手だ。

ロッテ・田中靖洋【写真提供:千葉ロッテマリーンズ】
ロッテ・田中靖洋【写真提供:千葉ロッテマリーンズ】

兄の背中を追う田中靖洋、シーズン終盤にブルペンで活躍

 千葉ロッテの兄弟選手といえば、祐太投手と翔太選手の「大嶺兄弟」が思い浮かぶだろう。しかし、実兄と同じユニホームをまとい、1軍で奮闘している選手がもう1人いる。石川県出身の30歳、田中靖洋投手だ。

 兄の田中良平氏と同じ加賀高校を経て、2005年高校生ドラフトで西武(現・埼玉西武)から4位指名を受けた。ファームで経験を積むと、5年目の2010年に1軍デビュー。初先発も含めて6月までに11試合に登板。防御率は4.97ながら、1軍定着への足がかりをつかむシーズンとした。

 しかし、右ひじに違和感を訴えて登録抹消されると、状態が上向かずに8月末には靭帯再建手術を受けることに。実戦復帰まで1年以上を要する大手術とリハビリを乗り越えて2012年に復帰したものの、この年は5試合に登板し、防御率6.48。翌年は登板機会がなく、2014年は8試合で防御率6.43。結果を残せないまま、もどかしく長い時間を過ごした。

 2015年には、10年目にしてプロ初勝利と初セーブを記録し、18試合1勝1敗1セーブ、防御率1.35という好成績を残したが、シーズンオフに埼玉西武から戦力外通告を受ける。そこで声を掛けたのが、2000年ドラフトで実兄の良平氏を1位指名した千葉ロッテだった。田中靖投手はその鴨川秋季キャンプに参加し、入団テストに合格。良平氏は2008年を最後にロッテを離れて海を渡ったが、10年近い時を隔てて、田中兄弟は同じユニホーム袖を通すことになった。

人気記事ランキング