野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • 大谷獲得のエンゼルスが今オフ“勝ち組”1位 米敏腕記者が勝者と敗者を格付け

大谷獲得のエンゼルスが今オフ“勝ち組”1位 米敏腕記者が勝者と敗者を格付け

MLBのウィンターミーティングは14日(日本時間15日)に終了し、ストーブリーグは本格的にヒートアップしている。米メディアでは今オフここまでの勝者と敗者を格付け。壮絶な争奪戦の末に大谷翔平投手の獲得に成功したエンゼルスはナンバーワンの勝者に君臨している。二刀流の新鋭については、ディズニーランドでも有名なアナハイムで「ミッキーマウスに次ぐ注目度」と、世界的な人気キャラクターに次ぐスーパースターと評価されている。

エンゼルスへの入団が決まった大谷翔平【写真:Getty Images】
エンゼルスへの入団が決まった大谷翔平【写真:Getty Images】

エンゼルスが「最大の勝者」、大谷は「世紀のお買い得選手」「ミッキーマウスに次ぐ注目」

 MLBのウィンターミーティングは14日(日本時間15日)に終了し、ストーブリーグは本格的にヒートアップしている。米メディアでは今オフここまでの勝者と敗者を格付け。壮絶な争奪戦の末に大谷翔平投手の獲得に成功したエンゼルスはナンバーワンの勝者に君臨している。二刀流の新鋭については、ディズニーランドでも有名なアナハイムで「ミッキーマウスに次ぐ注目度」と、世界的な人気キャラクターに次ぐスーパースターと評価されている。

日の丸を背負う逸材を育てるために―遅咲きの強打者・和田一浩氏が語る育成論(侍ジャパン応援特設サイトへ)

「この冬、ここまでの勝者と敗者」と特集したのは米スポーツ専門メディア「ファンラグスポーツ」電子版。敏腕記者のジョン・ヘイマン氏がここまで順調な補強に成功した球団や大型契約を手にした選手を格付けしている。

 勝者の栄えある1位はエンゼルスが選出されている。その最大の理由は大谷の獲得にあるという。靭帯負傷の予防策としてPRP(多血小板血漿)注射を行った右肘の話題に触れつつも、「彼は依然として世紀のお買い得選手にランクインする。2億ドル(約225億1400万円)の選手がわずか11パーセントの費用でやってきたのだから」と高く評価。新労使協定の元では25歳未満の海外選手の契約が制限されるため、大谷もその対象となったが、本来ならは総額2億ドル規模の契約に値するとの評価をされていた。

 そして、今後、大きな成長の余地を残す若武者について、「彼は先発ローテーションの1番手候補であり、アナハイムでミッキーに次ぐ最大の注目を集めるだろう」と指摘。世界的なアイドルのミッキーマウスに次ぐほど大谷人気は上昇中で「おそらく球界最高の選手、マイク・トラウトを凌ぐほどだろう」と、26歳にしてMVP受賞2度を誇るスーパースター以上の注目を浴びることになると分析している。

人気記事ランキング