野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

鳥に襲われ、バットが空を飛ぶ… 今季の好珍プレー集【楽天編】

パ・リーグオフィシャルメディア「パ・リーグTV」では、今季の興奮、爆笑を思い出させてくれる各球団の珍プレー好プレーを集めた動画を公開中。ここではパ・リーグ球団の珍プレー好プレー3傑を独断でピックアップし、紹介していきたい。ロッテ、日本ハム、オリックスに続く、今回はパ・リーグ3位の楽天だ。

バットが手からすり抜けたペゲーロ【画像:(C)PLM】
バットが手からすり抜けたペゲーロ【画像:(C)PLM】

世にも珍しいライトゴロも飛び出した今季の楽天

 プロ野球界はすっかりシーズンオフとなり、契約更改や移籍などが、目下の関心事となっている。各球団、来季の新外国人選手も続々と発表されていっており、来季に向けた編成を進めていることだろう。

【PR】「DAZN」はCS全試合をライブ中継! ”初月無料キャンペーン実施中”、登録はこちらから

 球春到来となる2月1日のキャンプインまで、あと1か月半ほど。ファンは選手たちの華麗なプレー、手に汗握る熱い試合が早くも恋しくなっているのではないだろうか。そんな中、パ・リーグオフィシャルメディア「パ・リーグTV」では、今季の興奮、爆笑を思い出させてくれる各球団の珍プレー好プレーを集めた動画を公開中。ここではパ・リーグ球団の珍プレー好プレー3傑を独断でピックアップし、紹介していきたい。ロッテ、日本ハム、オリックスに続く、今回はパ・リーグ3位の楽天だ。

【珍プレー】
(3)世にも珍しいライトゴロ…
 7月9日の西武戦でプロ野球の世界ではなかなか珍しいプレーが起きた。楽天が1点リードして迎えた5回2死一、二塁。打席に入ったウィーラーが、西武の左腕・野田から右前へ痛烈な当たりを放った。二塁走者の生還を阻止するために外野はかなりの前進守備を敷いていた。打球を捕球した外崎は素早くステップし、一塁へ送球。懸命に走ったウィーラーだったが、間に合わずに悠々とアウトとなった。

(2)“空飛ぶバット”
 9月3日のソフトバンク戦で、ペゲーロが衝撃の飛距離を見せた。とはいっても、それは打球ではなく、手からすり抜けた“バット”。初回2死、2ボール2ストライクからファールで粘っての8球目にそれは起きた。ソフトバンク和田の低めのチェンジアップにバットが空を切る。その瞬間、ペゲーロの手からバットが抜けると、大きな弧を描いた。クルクルと回転しながら、バットはヤフオクドーム一塁側内野席にかかる防球ネットを越え、ファンが座るスタンドへと飛び込んだ。あわや大惨事となりかねないアクシデントに、球場は一時騒然となった。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」