野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ホークス江川、2年連続200万円減でサイン 「ひと花咲かせられるように」

19日、ソフトバンクの江川智晃が契約更改に臨み、200万円減の推定年俸1700万円でサインした。

契約更改に臨んだソフトバンク・江川智晃【写真:藤浦一都】
契約更改に臨んだソフトバンク・江川智晃【写真:藤浦一都】

秋季キャンプでつかんだ手応え「やれる気がしている」

 19日、ソフトバンクの江川智晃が契約更改に臨み、200万円減の推定年俸1700万円でサインした。

【PR】「DAZN」ならソフトバンク戦が見放題! ”初月無料キャンペーン実施中”、登録はこちらから

 江川は、今季32試合に出場して、打率.179、1本塁打。右の代打として期待されたが、力を発揮することができず、2年連続でのダウン提示となった。「球団からは『これをバネにして頑張ってくれ』と言っていただいた。チームが日本一になってなかったら戦力外だったかもしれない」と悲壮な気持ちを正直に口にした。

 今季については「技術面もメンタル面もすべてがダメだった」という江川だが「契約してもらっただけでもありがたい。ひと花咲かせられるようにやりきりたい」と来季に向けて気持ちを切り替えた。

 秋季キャンプでは飯田打撃コーチの指導を受けて「バットを最短で出して右手を被せないと打てないと思っていた」という打撃フォームを改良。「インサイドアウトのスイングに変えて、ここ何年かはなかった感覚がある。やれる気がしている」と手応えをつかんだ。

「打てないと1軍にも残れない。キャンプまではバッティングをメインにやっていきたい」と、春季キャンプまでに打撃の手応えをさらに確かなものしていくつもりだ。

(藤浦一都 / Kazuto Fujiura)

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」