野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • 鷹の強さの証、DeNA史上初3連発サヨナラも…2017年各球団で生まれた記録

鷹の強さの証、DeNA史上初3連発サヨナラも…2017年各球団で生まれた記録

ソフトバンクが2年ぶり8度目の日本一に輝き、幕を閉じた2017年のプロ野球。今季も各球団は143試合という長く険しい戦いを展開し、その中では数々の輝かしい記録も打ち立てられた。これまでの打者記録、投手記録に続き、今回は球史に名を残すチーム記録を回顧し、1年を振り返ってみよう。

ソフトバンク・工藤監督【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・工藤監督【写真:藤浦一都】

10万号はオリックス・マレーロ、NPBからは記念の100万円

 ソフトバンクが2年ぶり8度目の日本一に輝き、幕を閉じた2017年のプロ野球。今季も各球団は143試合という長く険しい戦いを展開し、その中では数々の輝かしい記録も打ち立てられた。これまでの打者記録、投手記録に続き、今回は球史に名を残すチーム記録を回顧し、1年を振り返ってみよう。

 まず今季は、1936年から始まったNPBの歴史において、1つの節目となる記録が達成された。それがNPB通算10万号本塁打である。9月29日のロッテ戦でオリックスのクリス・マレーロがレフトスタンドに放った19号2ランが記念のアーチになった。マレーロにはNPBから100万円が贈呈された。

 本塁打で言えば、巨人が12球団で初となる球団1万号本塁打を達成。9月26日のヤクルト戦で中井大介が4回に放った本塁打が節目を飾った。また、中日は5月30日のソフトバンク戦で藤井淳志が放った本塁打が球団8500号となった。

 おそらくDeNA、広島の両ファンにとって衝撃の決着となったのは、8月22日の一戦だろう。3点差で迎えた9回無死一塁から筒香が2ランを放つと、ロペス、宮崎もソロで続き、3者連続本塁打でサヨナラ勝ち。3者連続本塁打は史上10度目のことだったが、それによるサヨナラ勝ちは史上初の出来事となった。

 DeNAはこの試合を含む8月22日~24日の広島戦に3試合連続サヨナラ勝ちを納めている。3戦連続サヨナラ勝利は15度目(セ9度目)。同一カードでの達成は史上4度目だった。また、広島が喫した3戦連続サヨナラ負けは16度目(セ4度目)だった。

人気記事ランキング