野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

メガネ破壊、忍者出現、菊池の美技も… 今季の好珍プレー集【西武編】

プロ野球界はすっかりシーズンオフとなり、契約更改や選手の移籍、去就などがメディアを賑わす時期となっている。各球団、来季の新外国人選手も続々と発表されてきており、来季に向けた編成を進めている。

西武・岡田とメヒアのお茶目な一面も紹介【写真:(C)PLM】
西武・岡田とメヒアのお茶目な一面も紹介【写真:(C)PLM】

フェンス直撃の長打のはずが、炭谷で“勘違い”アウトに

 プロ野球界はすっかりシーズンオフとなり、契約更改や選手の移籍、去就などがメディアを賑わす時期となっている。各球団、来季の新外国人選手も続々と発表されてきており、来季に向けた編成を進めている。

【PR】「DAZN」はCS全試合をライブ中継&西武戦見放題! ”初月無料キャンペーン実施中”、登録はこちらから

 球春到来となる2月1日のキャンプインまで、あと1か月ちょっと。選手たちの華麗なプレー、手に汗握る熱い試合が早くも恋しくなっているファンも少なくないはずだ。そんな中、パ・リーグオフィシャルメディア「パ・リーグTV」では、今季の興奮や感動、そして笑いを回顧させてくれる各球団の珍プレー好プレーを集めた動画を公開中だ。そこで、ここではパ・リーグ球団の珍プレー好プレー3傑を独断でピックアップし、紹介していきたい。今回はパ・リーグ2位の西武だ。

【珍プレー】
(3)あ、メガネが…
 9月8日の日本ハム戦の8回、マウンド上の藤原良平投手がアクシデントに見舞われた。石井一成に3ボール1ストライクから四球を与えた直後、それは起きた。投球を受けた炭谷が球審にタイムをかけて立ち上がり、藤原へ向けて歩み始めた。右腕は汗を拭い、かけていたメガネを外す。その瞬間、炭谷から放られたボールが藤原を襲い、外した瞬間のメガネに直撃した。レンズが外れ、グラウンド上へと落下し、しばらく行方不明に。捜索の末に、レンズを発見。幸いにも割れてはおらず、フレームにはめ直して藤原は続投した。

(2)追い越しちゃった…
 7月19日のソフトバンク戦で目を覆いたくなるようなミスが起きた。6回の攻撃。左前安打で出塁した炭谷を一塁に置き、続く金子侑が放った打球は左翼後方への大きな飛球に。左翼の中村晃は懸命にグラブを伸ばしたが、届かずにフェンス直撃の当たりとなった。だが、一塁走者の炭谷が、中村晃が捕球したものと“勘違い”。猛ダッシュで一塁へと帰塁してしまった。一塁ベースを回っていた金子侑が炭谷を追い越す形となり、金子侑に対してアウトが宣告された。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」