野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

千賀は鷹育成初の大台超え、巨人長野は3500万円減…12月21日の主な更改

プロ野球では21日、ソフトバンク、広島、巨人などで契約更改が行われた(金額は推定)。

契約更改に臨んだソフトバンク・千賀滉大【写真:藤浦一都】
契約更改に臨んだソフトバンク・千賀滉大【写真:藤浦一都】

広島の菊池は4500万円増でサイン

 プロ野球では21日、ソフトバンク、広島、巨人などで契約更改が行われた(金額は推定)。

【PR】「DAZN」ならソフトバンク戦が見放題! ”初月無料キャンペーン実施中”、登録はこちらから

 ソフトバンクでは先発右腕2人が契約更改交渉に臨んだ。今季はWBCに出場するも、右肩の不調に苦しんだ武田翔太投手は、25%ダウンの9000万円プラス出来高で更改。登板は13試合にとどまり、6勝4敗、防御率3.68と納得のいくシーズンとはならなかった。来季から背番号は「30」から「18」に変更。今季の悔しさを晴らす活躍を目指す。WBCで目覚ましい活躍を披露した千賀滉大投手は、シーズンに入ってから2度戦列を離れたが、22試合に先発して13勝4敗、防御率2.64の好成績で2年ぶり日本一に貢献。6000万円アップの1億2500万円で更改し、育成出身選手としては球団初の1億円突破となった。

 広島では菊池涼介内野手が契約更改。4500万円アップの1億9000万円で更改した。

 巨人では長野久義外野手が交渉に臨み、3500万円ダウンの1億9000万円で更改した。

(Full-Count編集部)

座ってできる体幹トレーニング コアトレチェア

人気記事ランキング

  • ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬