野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • セ・リーグ
  • 「打率」では測れない打者の能力 トリプルスリーの2人が際立つ数字

「打率」では測れない打者の能力 トリプルスリーの2人が際立つ数字

打者の選球眼を表す指標にIsoD(Isolated Discipline)がある。四球による出塁率だ。出塁率から打率を引いた単純な数値だが、ここからは打者の特質が見て取れる。

ソフトバンク・柳田悠岐【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・柳田悠岐【写真:藤浦一都】

今季「選球眼」際立った打者は

 打者の選球眼を表す指標にIsoD(Isolated Discipline)がある。四球による出塁率だ。出塁率から打率を引いた単純な数値だが、ここからは打者の特質が見て取れる。

【PR】「DAZN」ならプロ野球が見放題! ”初月無料キャンペーン実施中”、登録はこちらから

〇今季パ・リーグ、規定打席以上のIsoDトップ10

1 柳田悠岐(ソ)打率.310、出塁率.426、IsoD.116
2 T-岡田(オ)打率.266、出塁率.374、IsoD.108
3 角中勝也(ロ)打率.269、出塁率.375、IsoD.106
4 中村剛也(西)打率.217、出塁率.319、IsoD.102
5 中田翔(日)打率.216、出塁率.310、IsoD.094
6 鈴木大地(ロ)打率.260、出塁率.350、IsoD.090
7 島内宏明(楽)打率.265、出塁率.352、IsoD.087
8 中村晃(ソ)打率.270、出塁率.355、IsoD.085
9 デスパイネ(ソ)打率.262、出塁率.347、IsoD.085
10 西川遥輝(日)打率.296、出塁率.378、IsoD.082

 リーグを代表する強打者が並ぶ。こうした選手たちは、投手が長打を警戒することもあり、四球が増える。パはソフトバンクの柳田が1位だった。中村剛也は今季打率が低迷し、本塁打も27本と彼としては少なかったが、それでもIsoDは4位。投手陣は警戒していた。今季打率最下位の中田翔にも同様のことが言える。

 鈴木大地は11本塁打と長距離打者とは言えないが、IsoDは.090。彼の場合、投球をじっくり見極めていたことがわかる。打線が低迷する中、孤軍奮闘していたのだ。

〇今季パ・リーグの規定打席以上のIsoDワースト5

23 源田壮亮(西)打率.270、出塁率.317、IsoD.047
24 大田泰示(日)打率.258、出塁率.302、IsoD.044
25 小谷野栄一(オ)打率.277、出塁率.320、IsoD.043
26 上林誠知(ソ)打率.260、出塁率.302、IsoD.042
27 松本剛(日)打率.274、出塁率.314、IsoD.040

 端的に言えば、これらの選手は「早打ち」だったと言えよう。四球を選ぶよりも打って出るタイプの打者たちだ。それで打率が良ければ言うことはないが、平凡な成績であれば、出塁数は減り、貢献度もより少なくなる。

 セ・リーグも見ていこう。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」