野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

鷹の「18」はいまだ通算100勝なし 武田はエース級活躍見せられるか

ソフトバンクの武田翔太が来季から背番号「18」をつけることになった。松坂大輔の退団によって空いた番号を継承したものだ。ホークスとしては19代目に当たる。

ソフトバンク・武田【写真:荒川祐史】
ソフトバンク・武田【写真:荒川祐史】

松坂から背番号18を受け継いだ武田

 ソフトバンクの武田翔太が来季から背番号「18」をつけることになった。松坂大輔の退団によって空いた番号を継承したものだ。ホークスとしては19代目に当たる。

【PR】2018年のNPB&MLBを「DAZN」でプレイバック! ”初月無料キャンペーン”実施中、充実のスポーツコンテンツ

 背番号「18」といえば、日本球界ではエースナンバーとされるが、球団によって少し事情が異なる。ホークスでは歴代最多勝(221勝)の皆川睦雄は「49」「22」、2位の杉浦忠(187勝)は「21」。「18」をつけて100勝した投手はいない。

 ホークス歴代の「18」を振り返ろう。

〇1リーグ時代
中野正雄 外 1938年秋40試29安0本10点8盗 打率.201
国久松一 内 1939年-1942年376試324安4本83点91盗 打率.226
堀井数男 外 1943年82試66安1本21点6盗 打率.229
丸山二三雄 投 1946年-1948年100試35勝34敗629.1回 防率3.30

 戦前の南海の「18」は全て野手だった。そもそも日本プロ野球で「18」がエースナンバーとして意識されたのは戦後になってからだ。中野、国久ともに主力選手。堀井は、のちに南海の5番打者として活躍するが、1年目だけ「18」をつけた。息子の堀井和人も南海でプレー、「親子鷹」として知られる。

 戦後すぐに「18」をつけた丸山は同番号を背負った1年目に25勝を挙げたが、登板過多の影響か、2年目に10勝を挙げて以降、鳴かず飛ばず。1949年に中日に移籍した。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」