野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • 167キロ超に168キロ超! 今季メジャー最速送球は23歳ルーキーが“2冠”

167キロ超に168キロ超! 今季メジャー最速送球は23歳ルーキーが“2冠”

今季メジャーで記録された送球の最速が104.7マイル(約168.5キロ)だったとMLB公式サイトが伝えている。

ブルワーズ・フィリップス【写真:Getty Images】
ブルワーズ・フィリップス【写真:Getty Images】

ブルワーズでメジャーデビューを果たしたフィリップスが驚異の強肩披露

 今季メジャーで記録された送球の最速が104.7マイル(約168.5キロ)だったとMLB公式サイトが伝えている。

日の丸を背負う逸材を育てるために―遅咲きの強打者・和田一浩氏が語る育成論(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 同サイトは「2017年にスタットキャストで記録された最も極端な送球」との見出しで特集記事を掲載。最速の送球を記録したのは今季メジャーデビューを果たしたブルワーズの23歳ルーキー、ブレット・フィリップス外野手だったと伝えた。

 MLBが導入している解析システム「スタットキャスト」によると9月19日のパイレーツ戦でセンターから本塁へ見せた送球が104.7マイルを計時。これが今季メジャーで最速の送球だったという。

 この日中堅の守備に就いたフィリップスは6回1死二、三塁でフライを捕球すると圧巻の強肩を披露。捕手へダイレクト送球を見せた。この場面では三塁走者も本塁突入を諦めており、失点を防ぐ形となった。

人気記事ランキング