野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

JFKに次ぐ中継ぎとしても活躍 「松坂世代」左腕が現役時代に描いた軌跡

江草仁貴は1980年9月3日生まれ、松坂世代の左腕投手だ。広島県出身、盈進高校時代は甲子園に出場できず、専修大学に進む。2002年、ドラフト自由獲得枠で阪神に入団。スター選手が多かった同世代では地味な存在だった。

江草仁貴のこれまでの成績一覧
江草仁貴のこれまでの成績一覧

出身の広島でユニホームを脱いだ江草仁貴

 江草仁貴は1980年9月3日生まれ、松坂世代の左腕投手だ。広島県出身、盈進高校時代は甲子園に出場できず、専修大学に進む。2002年、ドラフト自由獲得枠で阪神に入団。スター選手が多かった同世代では地味な存在だった。

“戦友”から侍ジャパン稲葉監督へのエール「それが僕の素直な気持ちです」(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 入団1年目の2003年と2004年は合わせて10試合の登板にとどまる。もともと救援での起用が考えられていたが、左腕の中継ぎで吉野誠が活躍していたため、出番が少なかった。

 2005年はジェフ・ウィリアムス、藤川球児、久保田智之の「JFK」と呼ばれる強力な救援投手陣が誕生した年だが、江草はこの3人に次ぐ51試合に登板。左腕の中継ぎとして優勝に貢献した。藤川、久保田ともに同じ「松坂世代」、2人に対するライバル心もあった。

 翌年、先発に転向するも結果が出ずに、シーズン中に救援に再転向。2007年からは3年連続で50試合以上登板した。いわゆる荒れ球の持ち主で、制球は良くなく、四球が多かった。また暴投も多かったが、打者には的が搾りづらく、走者を出してもなんとか抑えることも多かった。

人気記事ランキング