野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • パ・リーグ
  • 西武・山川の覚醒なるか、首位打者は?…2018年打撃タイトル大予想【パ編】

西武・山川の覚醒なるか、首位打者は?…2018年打撃タイトル大予想【パ編】

正月も4日、世間は今日から始動する。プロ野球界では2月1日のキャンプインを前に、選手が各地で自主トレを開始した。開幕まで約3か月。少し気は早いが、2018年の打撃タイトルについて予想してみよう。まずは、パ・リーグから。

西武・山川穂高【写真:編集部】
西武・山川穂高【写真:編集部】

2年連続タイトル獲得者はいない群雄割拠の時代

 正月も4日、世間は今日から始動する。プロ野球界では2月1日のキャンプインを前に、選手が各地で自主トレを開始した。開幕まで約3か月。少し気は早いが、2018年の打撃タイトルについて予想してみよう。まずは、パ・リーグから。

【PR】「DAZN」ならプロ野球が見放題! ”初月無料キャンペーン実施中”、登録はこちらから

 過去3年の首位打者、本塁打王、打点王、盗塁王は次の通りだ。

○2015年
首位打者 柳田悠岐(ソ).363
本塁打王 中村剛也(西)37本
打点王 中村剛也(西)124打点
盗塁王 中島卓也(日)34盗塁
○2016年
首位打者 角中勝也(ロ).339
本塁打王 レアード(日)39本
打点王 中田翔(日)110打点
盗塁王 糸井嘉男(オ)金子侑司(西)53盗塁
○2017年
首位打者 秋山翔吾(西).322
本塁打王 デスパイネ(ソ)35本
打点王 デスパイネ(ソ)103打点
盗塁王 西川遥輝(日)39盗塁

 2年連続でタイトルを取った選手はいない。かつてのイチローのようにタイトルを独占する選手がいない、群雄割拠の時代と言えよう。その中で、今季各タイトルはどの選手になるか占ってみよう。

【首位打者】

 本命は西武の秋山翔吾だろう。意外なことに、昨年が初タイトルだったが、安打を左右に打ち分ける広角打法に加えて長打力も増し、リーグ屈指の打者になった。対抗はソフトバンクの柳田悠岐。過去3年の通算打率は、秋山の.326(1755打数572安打)、柳田が.328(1378打数452安打)とわずかに上回っている。柳田も広角打法で知られるが、本塁打、打点部門でも有力候補であり、投手は長打を警戒するため四球が多い。これで調子を崩される可能性はあるだろう。

 この2人に食い込むとすれば、日本ハムの近藤健介か。昨年は231打席で驚異的な.413をマーク。今年は投手が警戒を強めるだろうが、バットコントロールのよさに期待が持てる。ただし、近藤は今季7年目を迎えるが、これまで規定打席に達したのは2015年の1シーズンだけ。経験不足が気になるところだ。

 ベテランのソフトバンク内川聖一も捨てがたい。今年の年男。あと25安打で2000本安打に達するが、衰えは全く見えない。すでに2回首位打者を獲得している。競り合いになれば強みを発揮するだろう。

本命:秋山翔吾(西武)
対抗:柳田悠岐(ソフトバンク)
穴:近藤健介(日本ハム)、内川聖一(ソフトバンク)

人気記事ランキング

  • ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬