野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

最速153キロの19歳、5年目の和製大砲…楽天の2018年期待の若手

2017年は開幕から首位を快走しながら、終盤の大失速で3位に終わった楽天。クライマックスシリーズでは逆転を許した2位西武に雪辱を果たしてファーストステージを突破したが、ファイナルステージではソフトバンクに2連勝の後で3連敗を喫し、敗れ去った。

楽天・古川侑利【写真提供:東北楽天ゴールデンイーグルス】
楽天・古川侑利【写真提供:東北楽天ゴールデンイーグルス】

藤平、宋家豪、安楽といった面々の成長にも期待

 2017年は開幕から首位を快走しながら、終盤の大失速で3位に終わった楽天。クライマックスシリーズでは逆転を許した2位西武に雪辱を果たしてファーストステージを突破したが、ファイナルステージではソフトバンクに2連勝の後で3連敗を喫し、敗れ去った。

【PR】「DAZN」ならプロ野球が見放題! ”初月無料キャンペーン実施中”、登録はこちらから

 2016年に就任した梨田昌孝監督は今季で3年目。打者ではウィーラー、ペゲーロ、アマダー、投手ではハーマンの外国人選手は残留し、新たにオコエ・ディクソン外野手が加わる。茂木栄五郎内野手や島内宏明外野手といった面々も主力に成長し、高梨雄平や森原康平といったルーキー投手が1年目から活躍。着実に戦力の上積みができていると言えるだろう。

 さらに、台頭を期待させる若手も多い。その筆頭が2年目になる藤平尚真投手、そして昨季終盤に頭角を表した台湾人右腕の宋家豪だ。今年で4年目となる安楽智大投手は、そろそろブレイクか。ドラフトでは1位で岡山商大の近藤弘樹投手、2位で慶応大のスラッガー岩見雅紀外野手などが加入し、こちらも楽しみな存在だ。

 5年ぶりの日本一を目指す2018年。より一層、戦力を充実させたい中で、躍進が期待できる選手は誰か。ここでは1軍経験のほとんどない選手の中から、期待の若手をピックアップしてみたい。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」