野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

最速154キロの18歳にファーム16発の大砲も…ヤクルト2018年期待の若手

セ・リーグを制した2015年以降、2年連続でBクラスに沈んでいるヤクルト。昨季は球団ワースト記録を塗り替える96敗を喫し、借金は51を数えた。5位の中日にも15.5ゲーム差をつけられて最下位に終わった。

ヤクルト・風張蓮【写真:荒川祐史】
ヤクルト・風張蓮【写真:荒川祐史】

昨季は球団ワースト記録を塗り替える96敗を喫したヤクルト

 セ・リーグを制した2015年以降、2年連続でBクラスに沈んでいるヤクルト。昨季は球団ワースト記録を塗り替える96敗を喫し、借金は51を数えた。5位の中日にも15.5ゲーム差をつけられて最下位に終わった。

【PR】「DAZN」はCS全試合をライブ中継&ヤクルト戦見放題! ”初月無料キャンペーン実施中”、登録はこちらから

 真中満監督が辞任し、2014年まで指揮を執った小川淳司シニアディレクターが再び監督に復帰。宮本慎也氏をヘッドコーチに招き入れ、新たな体制で2018年を戦うことになる。バレンティン、ブキャナンが残留し、新たにデーブ・ハフ、マット・カラシティー、昨季まで中日でプレーしたジョーダン・アルメンゴの3投手を補強。外国人は現時点で投手4、野手1の陣容となっている。

 怪我人の続出などもあって苦難のシーズンとなった昨季だが、層の薄さを露呈したのも事実。助っ人だけでなく、チーム全体として戦力の底上げも、2018年においては絶対に不可欠な要素となるだろう。

 昨季は2015年ドラフト5位の山崎晃大朗外野手が59試合に出場し、1軍の戦力となった。さらには、2015年ドラフト3位の高橋奎二投手や2016年ドラフト1位の寺島成輝投手といった将来が楽しみな名前も挙がる。さらに、ここでは、この面々以外で台頭が期待される若手をピックアップしてみたい。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」