野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ホークス和田が「企業秘密」トレ 「他の人にパクられたらイヤ(笑)」

まだ、その存在は健在である。同世代は1人、また1人と現役を退き、その数は確実に減ってきている。2年間チームメートだった世代の代表でもある松坂大輔はチームを去り、中日の入団テストを受けるという。巨人を退団した村田修一はまだ来季のチームが見つかっていない。

「HAWKS ベースボールパーク筑後」で自主トレを行った和田毅【写真:福谷佑介】
「HAWKS ベースボールパーク筑後」で自主トレを行った和田毅【写真:福谷佑介】

6日に笠谷、伊藤、斎藤と行う自主トレを公開

 まだ、その存在は健在である。同世代は1人、また1人と現役を退き、その数は確実に減ってきている。2年間チームメートだった世代の代表でもある松坂大輔はチームを去り、中日の入団テストを受けるという。巨人を退団した村田修一はまだ来季のチームが見つかっていない。同級生たちが厳しい現実に直面する中で、ソフトバンクの和田毅投手は若い選手たちと汗を流していた。

【PR】2018年のNPB&MLBを「DAZN」でプレイバック! ”初月無料キャンペーン”実施中、充実のスポーツコンテンツ

 1月6日。新年を迎えたばかりだというのに、和田は福岡・筑後市にあるファーム本拠地「HAWKS ベースボールパーク筑後」で始動していた。昨年、門下生となった笠谷俊介に加え、今年は育成選手の伊藤祐介、斎藤誠哉の2人が加わり、若い3人とトレーニングを行う。1月中旬からは昨年のドラフト1位田中正義も参加する。計4人の“塾生”とともに、2月1日のキャンプインに向けて体をいじめ抜く計画だ。

 2018年でプロ16年目、37歳となる和田。昨季は左肘の遊離軟骨除去手術を受けるなど長期の離脱。シーズンはわずか8試合の登板に終わり、4勝0敗という成績だった。チームは日本一奪還に成功したものの、和田自身にとっては悔しさの残るシーズンとなった。

 巻き返しを図る2018年。ただでさえハードな自主トレを行うことで知られる和田だが、その厳しさはより一層のものとなるだろう。「怪我をしない、1年間しっかりローテを崩さずに投げきれる体を作りたい」というのが、今年の自主トレのテーマに掲げたものだ。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」